良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

カフェインの効果を利用した「ちょっと寝」でシャキッと仕事をはかどらせるコツ

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

毎日家で1人黙々とパソコンに向かう日々を送るのが在宅ワーカーさん。

会社に行かなくていいっていうパラダイスのような毎日かも知れないけど!

どうしても!

眠くなるんだーーー!ごめんなさいっ

いつでも横になれる環境って眠気との戦いでもあるんですよ。ね、言いわけですけどね。

でもね、そんな私。

どうしても眠い時は、寝ちゃうようにしています!てへっ

そして眠くなってきたらSiriの存在を思い出してみましょう。

ちょっとだけ寝る

眠くなったら寝てしまった方が頭がスッキリしてその後の効率がアップ!

でも寝るのは「ちょっとだけ」ですよ。

もう限界!って思ったらSiriに話しかけてタイマーをセットしちゃいましょう。

「30分後に起こして」

「15分後に起こして」

これでちゃんと目覚まし時計がセットされるので、「もうダメだ!」って思ったらやってみましょう。

Siriを使えばいちいちタイマーをセットしなくてもいいのでとっても便利。

スッキリ目覚めるためのカフェイン

「起きれなくなるんじゃない?」って心配されるかも知れないけど、ちょっと寝をしてスッキリ目覚めるコツがあります。

▪️カフェインを使う

眠くなったらコーヒーなどのカフェインを飲んでみましょう。

カフェインは約30分後に効果が現れます。よってちょっと寝ををする前に飲めば30分後にはスッキリ起きれるという計算になります。

人によっては効き方に差があるかも知れないけど、2.3回やってみるとちょっと寝に慣れて来ます。

私は15分のちょっと寝も習得出来たので、どうしても寝たい!って時、倒れ込みながらSiriでタイマーをセットしちゃいますよ。

目覚めた後は脳がスッキリしてまたパソコンに向かえます。

寝る前の唱えも大切

カフェインの効果を期待したまま2時間くらい寝ちゃったことあります。仕事が残っているのにも関わらず、です。

シャキッと起きるためには、寝る前に「30分後に起きるぞ」「起きたらあの仕事をやるぞー」と思いつつ眠りに入りましょう。

まあ、念じてもダメなときはダメですが、念じるだけで早めに起き上がれるものです。失敗したくない人はぜひ、念じながら寝てみましょう。

ラー子でした!

スポンサーリンク

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

SNSやっています

カフェインの効果を利用した「ちょっと寝」でシャキッと仕事をはかどらせるコツ
いいね!を押すとフェイスブックに最新情報をお届けできます!