良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

アラフォーにカラーアイライナーってどう?…の前に「アイラインで失敗し続けていた原因」をついに見つけました!

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

カラーアイライナーが流行ってますよね。目尻にシュッとピンクとかグリーンとか入れるのってかわいいですね。

「たまには弾けたメイクしちゃいたいかも(てへ)」って言う前に…私、アイラインをまともに引くことすらできないじゃないか!!

メイク歴こそジワジワ長いけど、アイラインに挫折したまま年を重ねてしまっている!きれいなアイラインを引けないまま生き続けるなんて、なんだか損している気がするー!

ハッと我にかえったアラフォー主婦がここで考えました。アイラインが引けない原因は何だろう?と。

そして…その原因に気づいたんです!そしてついに克服した一部始終をご紹介したいと思いますっ!

ずっと引けなかった「リキッドアイライナー」

そうそう、ペンシルタイプは何とかごまかせるんですよ。問題はこのリキッドアイライナー。

使っているのはミゼルエディ リキッドアイライナー ストロングウォータープルーフ ブラックです。

ほそ~い筆先と汗をかいても全くにじまない優れものなんだけど、使う人がアレなんでね。

アイラインが引けない理由は腕がブルブルするからだ!

いつも洗面台の鏡の前に立ってメイクをしていた私。そうそう、アイラインを引くときは必死に鏡に近づいていたっけ…。

と考えたときに気が付いたのが、とってもメイクしずらい場所だということ。

「そうだ!ひじをつけばいいんだ!」とやってみたらこれがビンゴ(古)。ひじをつくと腕が固定されるから落ち着いてメイクができますね。

鏡の高さにも注意する

アイラインを失敗なく引くためにはメイクする場所を整えることが大事かもしれない。そう思った私はちょうどよい目の高さになるように高さを調節してみました。

お気に入りのお菓子の箱の上に空き箱を乗せて高さを作ったけど、毎日この高さを維持するために空き箱を捨てることができなくなりました。

目尻を引っ張って描くと思ったより短くなる

目の際ってシワシワしているから目尻を引っ張って描いていました。でも…

離すと思っていたより短くなってしまい、アイラインを引いたかどうかもわからなくなってしまっていました。

リキッドアイライナーが苦手な人が注意すべきポイント

  • 目尻を引っ張りすぎない
  • 一気に描こうとしない
  • 目尻にもしっかりと入れる

昔「一筆でアイラインを描けるのがイイ女」みたいなことを言われたんです。それ以来一気に引こうとしては失敗していました。

やっぱり原因はそこでしたね…。

きれいなアイラインの引き方がわかる動画


藤原美智子「ここがダメだよ、40代メーク」で見つけたこの動画がとっても参考になりました。こんなにサッサってまだ引けないけど少しずつ練習しようと思います。

目を閉じたときのきれいな目尻

なんとか頑張って引いたんですがまだまだ修行が必要ですね。

ビフォーアフター

リキッドアイライナーを克服するとやっぱり目の大きさがパッチリしますね。目尻に引くときはまだ悩んじゃうのですが、まつ毛のラインに合わせるようにしたら失敗がなくなってきました。

アラフォーのカラーアイライナーは逆効果らしい

目尻に加齢が出始めた人がブルーやピンクなどの派手なアイラインを引いてしまうと「若作り」に見えてしまいますね…。

若々しく見せるためには「単色+アイシャドウ」がマストなようですね。


こんなアイメイクしてみたい…

▼@コスメランキング上位の「ミゼルエディ リキッドアイライナー」は細くて丈夫!

スポンサーリンク

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

SNSやっています

アラフォーにカラーアイライナーってどう?…の前に「アイラインで失敗し続けていた原因」をついに見つけました!
いいね!を押すとフェイスブックに最新情報をお届けできます!