良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

子供も五月病になるらしい!小学生が憂鬱になる原因は何だろう?

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

GWの連休が明けて日常が戻るとき…とくに前日の夕方あたりから「あーだるい!」と憂鬱な気分になりますよね。

よく月曜日を前に起きてしまう「サザエさん症候群」なんて言葉もあるけれど、これを感じているのは大人だけではなく子供も同じ。

たとえ小学生でも五月病になっちゃいます。

わが家の息子はというと、ぼんやりとした感じで学校へ行きましたが…うーん、要観察というところでしょうか。

五月病の原因

新学期が始まった4月中は、新しい生活に慣れるのに必死だったと思います。そして長い連休のGWに突入した途端に緊張の糸が緩みますよね。

そして5月に入り連休が明けていざ学校が始まるという頃、憂鬱な気持ちがどんどん膨らんでしまいます。

この気持ちが晴れない日が続くと五月病になってしまいます。

五月病に陥りやすい性格の子ども

  • 友達を作ろうと必死になりやすい子
  • 頑張り屋さん
  • 責任感の強い子

1年生になったばかりの子や新しいクラスになった子どもはとくに、環境の変化に慣れるために必死になりやすいです。

苦手なお友だちとの会話でストレスになったり、勉強そのものに対して疲れていることも考えられます。

息子も1年生になったばかりの頃は、宿題をするのをとても嫌がりました。幼稚園のころは自由に遊べたのに…という思いでいっぱいになるかも知れませんね。

五月病の症状

このようなことが見られる場合は注意が必要です。

  • 朝起きられない
  • 食欲がない
  • 学校へ行くのがつらそう
  • イライラしている

子どもは自分の不安感を上手く伝えることができないため、こちらから気づいてあげることが大切です。

五月病への対処法

なんだか様子がおかしい…そう感じたらこのようなことを行ってみてください。

「とにかく話を聞いてあげる」

これが1番大切なことだと思います。

子どもが話始めたら途中で話を折らず、最後の言葉までじっと聞きましょう。

責任感の強いお子さまの場合「学校へ行きたくない」なんて言ってはいけないのかも…と思い込んでいる子もいます。

お子さまが嫌なことや憂鬱なことを聞いてあげて、一緒にどうしたらいいのかを考えましょう。

担任の先生の協力が必要な場合には早めに相談をしてみるべきです。

うまくいかなくても「大丈夫だよ」と声をかけてあげることもやっぱり大切ですね。

身体的なことが原因の場合もある

長い連休の間に夜ふかしなどをしてしまうと朝起きれない体になってしまいます。この場合は規則正しい生活と食生活の見直しをすることで解決すると思います。

体を動かすこと

5月になって気温がどんどん上昇するとそれだけでダルさを感じてしまいます。

できるだけ体を動かすようにして体力を付けるようにしましょう!

まとめ

日ごろからのコミュニケーションによりちょっとした変化にも気づくことができます。

子どもなりに学校へ行くと色々な体験をしています。給食で嫌いなものがあるだけでも憂鬱になりがちです。

その日のできごとを聞くことはとっても大切なことですね。

小学生の五月病は放っておくと本格的なうつ病へとなってしまう可能性があります。不登校の原因になる前にできる限り早い対処が必要ですね。

スポンサーリンク

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

SNSやっています

子供も五月病になるらしい!小学生が憂鬱になる原因は何だろう?
いいね!を押すとフェイスブックに最新情報をお届けできます!