良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

2人目の歳の差はどのくらいがベスト?9歳差姉妹を経験した私の場合

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

1人目を産んで1歳ごろになると聞こえてくる「2人目はどうするの?」の声。子供は2人以上ほしいと考えている人にとってベストな歳の差なんてあるのでしょうか?

周りに2人目ができるとつい焦ってしまいますが、年齢差によって起きるメリットやデメリットについて考えてみましょう。

年子や2歳差の場合

1人目が生まれて半年経ったころ、早い人はすでに2人目を妊娠しているなんていう人もいます。ただ、全く時間に余裕がないまま再びマタニティ生活が始まりますよね。

2歳差の場合は1人目は1歳前後となっているので少しは気持ちに余裕がありそうですが、現状は年子も2歳差もあまり変わりがないように思います。

メリットと言えば忙しい時期がいっぺんに終わるというところ。おもちゃもほぼ同じものを使えるので楽ちんです。

ただし体力勝負であり、現状は大忙しでしょう。

筆者は1人で手一杯な気持ちになったのと気軽に子供を預ける人がいなかったので断念しました。周りの協力体制がどうかということも関係してきますね。

今後の入学式や卒業式などのイベントも被らないというメリットもあります。

3歳差の場合

この場合は上の子が赤ちゃんとは違い分別もだいぶ付いているというところです。

ただその分赤ちゃん返りをすることがありますね。

3歳差で一番大変なことは入学と卒業式が被ってしまうことです。でも保育園の兄弟優先枠を利用できるメリットがあるのでお金の面で節約ができます。

4歳差以上

4歳くらいになればだいぶ手が離れていて、下の子の面倒も一生懸命に見てくれることでしょう。ただ歳の差が開くほど洋服などのお下がりができるか微妙なところも出てきます。

4歳、5歳、6歳差の兄弟姉妹も最近では増えてきています。

上の子が小学生以上になってからお母さんが妊娠するという人も筆者の周りにもチラホラいました。この場合はお母さんの仕事に悩みが出てくるかも知れません。

再び育児に専念をしてから仕事に復帰をするパターンの方が多いようです。

私は9歳差姉妹です

何をかくそう筆者である私には9歳年下の妹がいます。小学3年生の時に妹が生まれたため周りの友達からは「赤ちゃんいいな~」と羨ましがられたものです。

その後も私の友達は妹を可愛がり、周りの大人からもよくしてもらっていた記憶があります。

9歳も歳が離れるとまず話が合いません(笑)

妹と「ようやく対等に話せるようになった」と感じたのは妹が高校生ごろになってから。その時私は25歳です。

妹というよりももっと特別な存在であり、母と同じように育児に参加をすることが多かったです。

その当時のことを母に聞けば「本当に助かったし楽だったわあ」と言います。私は子守を頼まれることが多くて忙しかったですが(苦笑)。

妹が中学や高校に進学したころにはすでに社会人だったので、多少なりともお金の面で援助をしたりしました。

私の子供は今5年生になる息子がいます。そして天国へ旅立った娘がいますが、元気に生きていたとしたら8歳差兄妹になる予定でした。

この時も周りの人から出産を楽しみにしてもらい、その後も色々と親身になってもらいました。

まとめ

2人目問題は自分なりに考えを持っていても周りがどんどん出産していくと焦ってしまうもの。

確かに一気に産んで一気に育てることは長い目で見ると楽ちんです。

でも人それぞれ事情が合って歳の差が開くこともあるんです。上の子が大きくなってから妊娠・出産をすると周りの人からとても気遣ってもらえます。

自分の計画通りにいかないのもよくあることです。

子供は授かりものとして考えましょうね。

スポンサーリンク

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

SNSやっています

いいね!を押すとフェイスブックに最新情報をお届けできます!