良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

【タダじゃないのか】関東→新潟にUターンをしたら0円→25,440円になった子供の医療費

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

何だかケチなことばっかり言ってしまっていますが、この記事もそんなケチケチした内容です。

どうしても言いたい、子供の医療費についてです。

お子さまがいる方、小児科でお金…払っていますか?

払っている人は「はぁ?何言ってんの?」と思うでしょうけど、私は新潟にUターン帰省するまで払ったことがなかったんです。

神奈川県の子どもの医療費0円の地域に住んでいた

子どもが2歳の時に神奈川県から新潟県にUターン帰省してきたわが家。

その時住んでいた場所では小児科でお金は不要でした。つまりタダ。

小児医療費助成制度が0歳~中学卒業まで全額補助だったので、小児科に何度かかろうがずっと0円。

財布を忘れたまま行ったって問題なし。

薬をどっさりもらったってずーっとタダでした。

神奈川県内でも0円の地域とそうでない地域がありましたが、住んでいた所は結構優遇されていたんだと離れてみて感じました。

新潟県は530円かかる!

小児科=タダ

これがすっかり頭に焼き付いてしまっていた私。

新潟に帰省後、子供の体調が気になり小児科へ連れていきました。

診察が終わり「ありがとうございました」と帰ろうとしたら…

「530円です」

と言われるじゃないですか。

その時一瞬フリーズをしちゃいましたよね。え、お金かかるんですか?…って。

その時ようやく、この地域の子供の医療費はタダではなく、1回530円がかかるっていうことに気付いたというわけです。

(もっとちゃんと調べるべきですよね…)

最大25,440円に!

上限は4回までなので、2,120円以上はかからない、としても…。

タダ→2,120円

この差はとっても大きいです。年間にすれば

タダ→25,440円

(2万!?えええええ!!)

これは毎月4回以上かかった場合の最大上限金額ですが、0円だったのがいきなり2万円以上かかるってかなり大きいですよね。これは本当につらい…。

あと、子連れで病院でバタバタした中会計をするというのもなかなか面倒。

今までは終わったらそのままサヨウナラができたので、財布を出すことなくサッサと帰れたが、今度は落ち着きのない子を片手にお金を払って…と、この手間が追加されてガッカリ。

引っ越し先の子供の医療費の確認をする方法

これからご家族で引っ越しする予定がある人は、引っ越し先の医療費や補助金、お金にまつわることを調べて把握しておくことをオススメします。

いえ、言われなくても調べますけど…そんな声も聞こえますが(笑)

どこを調べたらわかるのか?と言えば、その市や町のHPに掲載されています。

「子どもの医療費助成」と書いてあるので、何歳までいくらが助成されるのか?を見てくださいね。

入院費や通院費も微妙に違うので、よ~く見てください。

まとめ

その地域によって子どもの医療費が全然違うって何だか腑に落ちないですよね。

この新潟県内でも、高校卒業まで補助される地域がほとんどなのですが、この小千谷市は中学卒業までしか補助されなくてさらにガッカリ…。

できれば全国統一してほしい(せめて県内統一)、心底思った子どもの医療費についてでした。

スポンサーリンク

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

SNSやっています

いいね!を押すとフェイスブックに最新情報をお届けできます!