良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

夏休みに親子で通算100㎞を走ってみてわかった不安なことや息子の成長!そして私の体重!

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

ラー子さん(@raakosan)がシェアした投稿

いえーーーーい!!

なんとなんと100キロを走り切りましたーーーーーーー!!!!!

夏休みが始まる直前に母であるわたくしラー子の思い付きにより始まった夏休み企画。

【目指せ100キロ!親子マラソン】を達成しました!

夏休みに入るにあたり、筆者は母として立ち上がりました。 それは「目指せ100キロ!親子マラソン」に挑戦をして息子のダラダラした生活に喝...

■この親子マラソンの企画内容

期間:7月23日(日)~8月27日(日)までの36日間。

ルール:

  • タイムにこだわらない
  • 疲れたら歩いてもよし
  • 陸上教室と陸上大会は3㎞に換算する(息子のみ)

このようなちょっぴり甘々なルールの上で1日5㎞ほどを走り、時には10㎞を親子でヒーヒー言いながら走った日もありました…。

朝からそんなに走るのは嫌だし、昼間は暑いし…というわけで夜な夜なコソコソと走ってきました。

これが吉と出たのか、夜は割と涼しく日焼けの心配もしなくていいし、そのままお風呂に入って寝るだけなので生活リズムに組み込みやすかったです。

息子は陸上教室へ通っていますがこんなに長距離を走っても大丈夫なのか?と当初は心配でした。その辺の感想や気づいたことをまとめてみます。

100キロ走ってみてどうだった?

ラー子さん(@raakosan)がシェアした投稿

「100㎞と言っても夏休みは36日もあるんだし大丈夫だよきっと!」

って軽いノリで言ったものの、実際に100㎞走りきるためには1日平均4~5㎞は絶対に走らないと無理だって気づいた時、まず挫折しそうになりました。

まるで「夏休みは長いんだから宿題は1日1ページやればいいよね」って思っていたのに、実際は毎日5ページやらなきゃいけないって気づいたのと同じくらいショックでした。

子供時代から思考が変わっていない自分に対してもの凄くショックを受けました。

それは息子も同じ気持ちで「え!5㎞も走らなきゃならないの?」と困惑した顔が今でも忘れられません。なんか、ごめんなさい。

■息子が5㎞も走れるのか不安だった

息子は陸上クラブで走っているけど5㎞をフルで走り切ることはほぼないので(せいぜい3㎞)、5㎞も走っていられるのかが大問題。

そして初日。

2.5㎞ほど頑張ったところでペースダウン。ちょっと歩いて、また走って…を繰り返してなんとかゴール。

こんなペースが10日ほど続いたころ、息子は5㎞を歩くことなく走れるようになりました。

■何よりも長い時間に耐えられない

母である私もそうですが、ゆっくりペースで5㎞を走るのには30分ほどかかります。

30分もただただ走ることがもーーーー嫌だ!

息子は黙々と走ってはゴールをしていたけど、次の日の走る時間になると親子でうんざり顔になり、なんとか気持ちを奮い立たせて外へ向かいました。その時の気持ちを思い出すだけでグッタリ…。

■時にはイライラした日もあった

ラー子さん(@raakosan)がシェアした投稿

つい「バタバタ走らないの!」って、ついつい思っていることを言ってしまったら『プイッ!』とムッとした顔で息子が走って行ってしまった日もありました。

やっぱり親に何か言われるのはものすごくムカつくらしい。

私の口からアドバイス的なイヤミ的なことは出すまいと誓った晩でした…。

陸上大会で決勝進出!

100㎞マラソン中に陸上大会がありました。

息子はハードル走に出場、微力ではありますが生まれて初めて予選を通過し決勝へ進出!

「100㎞マラソンに挑戦してよかった!」という言葉に感動…。

マラソンのおかげかはわからないけど、耐える力と精神力はついた気がしています。

前向きになった息子に感動!!!

後半残り50㎞となったころから「あと何キロ?」と聞いてくるようになり、走る時間になると何も言わずに運動着に着替えるようになりました。

のんびりとした性格ゆえに、進んでものごとを行おうとはなかなかしない息子。

その息子の前向きな姿勢が見られるようになり、残りの50㎞…死にそうだけど、もう倒れそうだけど頑張ろうと思いました。

何よりも、親子で同じ目標に向かうことはとっても楽しい!

でもそれには、息子と同じスタートラインに立たなければならないし、上から目線の態度でいてはいけないなって思いました。

あと、100㎞走り切って1番驚いたことがあります。それは…

私の体重が1gも変わらなかったことです。ガッデム…。うそだろ…。

100㎞走ってもダイエットにはつながらないことを立証してしまいました。ただただ元気な人、それが私。

スポンサーリンク

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

SNSやっています

いいね!を押すとフェイスブックに最新情報をお届けできます!