良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

iPad mini キーボード付き

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!


iPad miniをノートパソコン化すべく、キーボード付きのケースを買ってみました。

これは明日会 楽天市場店というお店で購入。

内容:本体 キーボード充電USBコード 説明書(中国語?と英語バージョン)



キーボードにiPad miniを入れるケースが合体している。
硬いケース部分に装着する。


装着すると完全にノートパソコンのよう。
ケースは硬いので、1度装着をすると外すのは結構大変。

画面を立てた所を横から見た図。
キーボードとの接続部分が引き出されるので、それで画面を立てる仕組み。

真ん中の部分で繋がってる。
スッキリとしたデザインだけど、乱暴に扱うと壊れそう。


角度も変えられます。


縦にも出来る。
これが出来るから、このケースを選んだんです
アプリによっては縦じゃないと使えないものもまだ多い。
意外と重宝しています。

横から見た図。
実はこの角度はとても見やすい!
文字を打つならこの角度が打ちやすいです。

キーボード上部に左から、
電池切れ、充電ランプ、Bluetoothランプ、接続スイッチ、電源が並んでいます。
キーボード自体の充電は付属のUSBコードを使って充電する。
1度充電すると3日くらいは平気で使える。


使い始めにキーボードとiPad miniをBluetoothで接続する必要があるので、キーボードの電源をONにし、
設定→Bluetoothへ。


BluetoothをONにする。
キーボード上部の接続スイッチを押す。
自分のデバイスにBluetooth keyboardと表示されているのを確認する。
接続済みになればOK。

あああ……打てます。
接続すると画面のキーボードは消えます。


Enterが小さいのが難な所。
Enterの上のdeleteの方が大きいので、慣れるまでつい押し間違えます。

tabと文字切り替えキーも左側に並んでいます。

caps lockを押すと、最初に英字表示されます。

文字変換切り替えはfnと空白キーを同時に押すと可能。

ケースから外す時は、角を少し歪めて外すと外れる。
もうちょっと簡単に外れるといいのですが。

このケースの良い所は、画面をクルクル回転させられる所。
キーボードの上に画面を持って来る事も可能。
テーブルがない時はこんな風に使っています。

キーボードの上に持って来た図。

以前使っていたBluetoothキーボード。
エレコムのもので比べてみるとかなりキーが小さくなっている。
このキーボードはiPhoneにも接続出来るのでこれはこれで重宝していた。

これと同じiPad miniケースはもう売り切れたらしい。
似たようなケースをいくつか紹介しておきます。

選ぶポイントは、縦置きでも使いたいかどうか?
簡単に脱着した方が良いのか?
キーボードは別にいらないかもという人はケースのみにするのか?
この辺をよく考えてみると良いです。

1度ケースに入れてしまうと簡単には外さないようになりますので、よく考えてみて下さい。

スポンサーリンク

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

SNSやっています

iPad mini キーボード付き
いいね!を押すとフェイスブックに最新情報をお届けできます!