良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

母親が嫌いな人の理由と母親との関係を修復したいと悩む人へ

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

もうすぐ母の日ですが、心からお母さんに「ありがとう」と言えない人。
言いたくない人。避けている人。いろんな人がいると思います。

そんな私も母の事は「嫌いじゃないけど」という感じ。昔は憎みましたけど、今は色々と自分なりに考えて「嫌いじゃないけど」というレベルに収めています。でも我が子にはそんな風には思われたくないので、自分なりにどうして母が嫌いだったのか、考えてみました。
母の日らしからぬヘビーな内容ですので、カーネーションを探したい方は回れ右でお願いします(笑)

母が嫌いだった理由

  • 仕事ばかりで淋しかった
  • 夫婦喧嘩ばかり
  • 借金が多くて子供からお金を借りる
  • 宗教に影響されやすい
  • 自分の間違いを謝らない
  • 更年期障害が早くてイライラばかりしている
  • 怒鳴り散らす
  • 点数が良い時だけ褒める

一緒に暮らしていた22歳頃までの記憶を辿るとこんな感じでした。
書いていてかなり悲しくなりましたけど、私の家の環境はかなり悪かったです。
かなり極端に貧しい家だったので皆さんの参考になるかどうか分からないかも?と思うほどです。

母親が嫌いでストレスになる理由

みなさんがよく思うストレスの理由を調べてみました。
すると大きく分けるとこの2つという事になりました。

  • 肉体的虐待
  • 肉体的虐待

どちらも虐待という言葉になってしまいましたが、本当にツライ思いをしている人はこの2つです。

肉体的虐待

主に子供に暴力を振るう事です。虐待の事件をニュースで見ては心が痛みますが、中には「食事を与えない」虐待も多いようです。
どの親にも共通しているのが「しつけ」と称して虐待をしているという事です。

精神的虐待

これは目に見えないので分かりにくいです。
ですが「言葉の暴力」と言えば理解しやすいかと思います。
分かりやすいもので「バカ」「アホ」酷いもので「死ね」です。
バカ、アホは楽しく会話をしている時にもつい言ってしまう時もありますけど、そうではなくて本当に心にグサリと刺さる言い方が虐待に値するのでは?なんて思いました。
でも親は冗談で言っているつもりでも、子供は傷付いています。
あとは「こうしないといけない」と縛り付けるものもあります。
親の言いなりにならないと怒られてしまう、そんな気持ちになっているのならそれは「しつけの範囲外」な気がします。

母親との関係を考える

どんな母親でも生みの親だから大事にしないといけない。
この教え、私は間違っていると思います。
本当にダメな母親に恩を感じろと言われても無理だと思います。それを「悪い事」だと思うなら、母親依存かも知れないです。

家族をクラスメートと考えてみる

昔、三輪明宏さんと江原啓之さんの番組で「家族をクラスメートだと思ってみる」というテーマがありました。
いい子もいれば嫌な子もいる。家族もクラスメートと同じ・・・。これを聞いて私の心は軽くなりました。

人付き合いは「腹六分目」

三輪明宏さんの言葉で「人付き合いは腹六分目」というものがあります。
家族のみならずどんな場所でも「腹六分目」。
家族だからと言って隠し事もなく一緒にいるのはおかしいし、家族だからと言って必ず助け合わなきゃいけないのはおかしい。
家族だからこそ、距離を持って接してみる。

私が母との関係に悩む時に一番救われた言葉でした。
憎んで憎んで、どうしようもなかった心がフッと軽くなりました。

母親が嫌いになれない

こうして私は「母親が嫌い」から「母親が嫌いになれない」に変わったんです。
嫌いで仕方無かった20代前半には家を飛び出して上京しました。
今は実家から車で30分ほどの場所に住んでいます。
帰って来た理由は、出産をした時に「母に孫の顔を見せたい」と思ったんです。
不思議なもので、嫌いなのにそこは自分でも驚きましたね。

どうしても母親が好きになれない

切っては切れない肉親なのにどうしても好きになれない。
そう思う時は無理に「いい所を探そう」とか「好きになる努力」などをしなくても良いと思います。
そう思う自分の精神も何か原因があって疲れている状態でもあると思います。
そんな時に無理をして「いい所探し」をした所で、余計に心がモヤモヤしてしまったりします。
そういう方に1つ提案があります。

自分の母親を「他人」だと思ってみる

嫌なのにどうしても接しなきゃいけない場合は特に、心の中で母親の事を「○○さん」と思うようにしてみます。
よそよそしい態度こそ、腹六分目くらいの接し方になりますよ。
これは母親以外でも使えます。近い存在にこそ効果があります。

反面教師精神

自分の母親が憎い人でも、我が子に嫌われるのは嫌ですよね・・。
自分が身を持って経験した事は決して我が子にはしないという事です。

よく「虐待を受けた経験がある人は自分の子供にも虐待をしてしまう」と言われますが、それは間違った育児で育ってしまった故に起きてしまう事です・・。
悩む人はカウンセリングなどを受けてみても良いかと思います。
心が満たされるにはどうしたら良いのか?
育児に悩んだらぜひ色々な場所に相談するという事が解決の糸口になるのではと思っています。
1人で悩まないで下さいね!

まとめ

母の事は「嫌いになれない」存在ですが、表面上はとても仲の良い親子に見えると思います。
それは真正面からぶつかる事が無くなり、良い意味での距離を持って大人同士の付き合いをしています。
嫌いだったのにやっぱり大事な存在なのかな?と思う瞬間は、私の出産のように色々やって来る時もあります。
家族と言えど、ほどほどのお付き合いが上手くやっていく方法かもしれません。

私の経験を元に書いてみましたが、色々な家庭環境によって全く異なるかと思います。
何度も言いますが、1人で悩まずに愚痴でも良いので誰かに相談をしてみて下さいね。

スポンサーリンク

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

SNSやっています

いいね!を押すとフェイスブックに最新情報をお届けできます!