良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

【インク交換】プリンター互換エコカートリッジっていうのを使ってみたよ!

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

プリンターってさ、インク高いよね。本体1万円なのにインクは5千円。やっぱ高いよね?でも無くなると印刷出来ない。

ケチな私は物凄く安い正規じゃないカートリッジインクを買っちゃいました。

我が家のプリンタースペックはcanonのMG7130。昨年セールで1万円で買いました。
その時、正規の交換用インク全色が付いて来たので、実はとてもお買い得だったんだなと実感。
さほどプリンターを使わない我が家なので、ようやく自分でインクを買う時が来たという事です。
でも正規のインクは5千円ほどする。もちろん全色セットで安くなって、この値段。でもな・・もうちょい安いの無い物かと見つけたのがコレ。

Color Creationというメーカーで6色パック。
互換インクかエコカートリッジで探すと色々とヒットするようです。
色々探して、我が家のプリンターに合う350XLを見つけました。
ちなみにXLとは普通の物より少し大きめという事らしい。XLが付いていなくても適合プリンタの説明に記載されていれば合うようです。

気になるお値段は、税抜き3,200円台
正規の値段は6千円台~7千円。約半分近く安くなっています。これは嬉しい!

蓋を開けると何となく適当な感じに並んでいるからつい「安いからかな・・」と思ってしまう。ただ、中身は何ともありません。

早速「もう限界です!」と言わんばかりに点滅していたインクを交換する。一番右のM(マゼンダ)を交換だ!

ここで問題が起こる!新しく買ったインクのパッケージを開けて、オレンジ色のパーツを取り外した瞬間!
ああ!インクが飛んだっ
ティッシュも何も敷いていないのに・・・さらに指にもインクが付いた・・

しくしく泣きながら(嘘)見よう見真似でセットしたら、無事にランプが点灯。
ちなみに、インクに付いているレバーのような部分は次のインクにも使うパーツなので捨ててはいけない。
正規インクには全て付いているので、ここが安いポイントとなっているかと思われる。

続いてインク切れしていたCのシアンも交換。
学習をした私はしっかりとティッシュを敷いてパーツを外す。
やはり!インクが飛ぶのであります。

あううう・・

インクが指に付いた・・ティッシュでカバーしたはずのシアンカラーは、自らうっかり触ってしまうという大失態を。
このインクは3日ほど落ちませんでした。

よし!完了だ!
そう思ったら・・新たなインク切れサイン。
今度はGY(グレー)とY(イエロー)だ。
手慣れた手付きでこの2色は汚す事なくインク交換OK。

今回安いインクを使ってみて思ったのは

■安いけど普通に使える
■インクがちょっと飛ぶのは安いからなのか?
■印刷の仕上がりは特に問題ない(専門家が見たら分からないけど)
■次の交換の時はパーツを装着しないといけないのがちょっと面倒

こんな所です。
どうしても正規のインクが良い!と思う方は、色や仕上がりの違いが分かる人なのではないだろうか?
素人の私には全く分からないレベルです。
交換する時に汚れるのは、私が未熟というのもあります。
これがほんの数百円安いだけという値段ならイライラするけど、半額近く安いのなら文句も出ません。

インクを買う際、適合プリンターかどうかよく確認して下さいねっ

ラー子でした!

スポンサーリンク

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

SNSやっています

いいね!を押すとフェイスブックに最新情報をお届けできます!