良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

セリアのリメイクシートで古臭いこたつを男前に変身!貼り方のコツと注意点とは

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

我が家のこたつの悩み。昔ながらな雰囲気たっぷりの天板とこの光沢と木目が気になって仕方がない!でもまだまだ使えるし、こたつを使わない時も使えるテーブルに仕上げたい。こんな時に100均ショップのあれを知りました。

今日は思い切ってこたつのリメイクに挑戦です!


こたつの天板にはこのリメイクシートを貼ってみようと思いました。セリアで売られていてとても人気になっているらしい。ちなみに他の100均でもこういったシートは販売しています。

サイズは45×90㎝で、意外と大きい。素材は表面がツルツルした紙なんだけど、水拭きをすることが可能。テーブルにも向いていると判断してみました。

今回はこのシートを3枚使います。色柄はオールドウッドAをセレクト。

3枚を広げてみると、ちょうと天板を全部包める大きさでぴったり。ちょっと重ねて貼ることにしました。貼る前の準備として、巻きぐせを直しておくといいと思います。結構シワが寄っているので出来るだけ伸ばしておく。

貼るときのコツは、端から少しづつ裏紙を剥がして行きつつも空気が入らないように少しづつ貼っていきます。手の平で空気を逃しながら進めていきます。

手のひらよりも使いやすいアイテムを発見!じゃーん!ラップの芯~。

これをコロコロ転がしながらゆっくりと貼っていきました。

壁紙を貼るなら専用のハケがあった方がいいようですが、とりあえず今回はこれで代用を。

完成です!

3枚なんとか貼り終えました。少し柄が曲がっている!?けどご愛敬ということで・・。

思い切った「ザ・男前」という柄にしましたが、いい感じ。ただ、こたつ布団が全く合わなくなるという新たな問題を発見。予め確かめるということを忘れていました。

丸い角はこのようにクシャっとなってしまいました。正直どうやってやったらいいのか分からず、適当にやり込めました。

この男前な柄のオールドウッドAを壁に貼っている人を何度か見かけました。これならかっこいいかも知れませんね・・!

ただこのリメイクシートは「貼って剥がせる」と書いてあっても、のりが劣化をすると剥がした跡が気になるようです。我が家のように賃貸の人は注意や工夫が必要のようです。

■みんなの声

ラー子でした!

スポンサーリンク

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

SNSやっています

いいね!を押すとフェイスブックに最新情報をお届けできます!