良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

自分で作る冷やし中華のタレの使い方

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!


北海道産小麦使用 冷やし中華 醤油だれ 2食入り

お家で自分で作る冷やし中華。
タレの悩みってありませんか?



1食分398kcal
乗せる具によって、カロリーは変わります。


用意するのは、麺を茹でるお湯と乗せる具の準備です。
生麺は大きな鍋でよく沸騰させたお湯が良いです。
あとは茹でた麺を冷やすザルですが、ボールに氷をたっぷりと入れておくと早く冷えます。

タレは盛り付けて最後に上からかけるという作り方ですが、
そうすると固まった麺とタレで食べずらくありませんか?
麺にタレを絡めようとすると跳ねたりします。

私はあらかじめボールにタレを入れておいて、氷で冷やしておきます。
もし味を変えたい場合はここで調味料を足します。
時々ゴマドレッシングを入れたりもします。

私はタレがたっぷり目の方が好きなので、麺つゆとお水を少しづつ足しておきます。

そうして、水で冷やした麺をボールに入れ、
手でタレをよく絡ませておきます。
それからお皿に盛り付けると、あらかじめ麺にタレが絡まって食べやすいです。


この日はレタスにトマト、あとは普通に卵・ハム・キュウリを準備しました。

麺は細めで食べやすいです。
すぐに伸びるので、手早く作らなくてはいけません。

スポンサーリンク

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

SNSやっています

自分で作る冷やし中華のタレの使い方
いいね!を押すとフェイスブックに最新情報をお届けできます!