良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

「小学生の恋愛事情」を母親として考えてみた。

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

じつはうちの小学4年生の息子、バレンタインの日にチョコをもらったんです。ええ、同じ学校の女の子ですよ。「お母さんからもらった」とかそういうパターンのやつではないのです。

この日のインスタにもわざわざアップしています。

インスタにも書いてあるように、息子の呟いたひと言が気になった私。

「これは友チョコなのか?」と言ったけど、実際相手の女の子は「友チョコ」ではないのであるー!マジかー!

最近は小学生でも「付き合う」のがフツー?!

私の時代でも「小学生から付き合っている人がいる」という噂はよく聞いていた。とは言ってもここは田舎。実際に小学生同士のカップルを目撃したことはありません。

でもそれって私が超奥手だったから単純に「知らなかっただけ」かも知れないですね。じつはこっそりと…っていうのはあったのかも知れないなぁなんて今になって思います。

だから「小学生から付き合う」っていうのをリアルに感じることができないので、わが息子がどうこうなるっていうことまでたどり着くこともできず。

でも、ママ友との会話で一気にリアルな気持ちになりました。

「おませな女の子」の存在

正直、小学生男子は女の子よりもそういう面では遅い!です。ゲームとか漫画のことで頭がいっぱいだからでしょう…。

のび太としずかちゃんのレベルでしか考えていないはず。(違う?)

私の息子やその周りの友達を見て、での意見です。

女の子をからかったりするのは大好きかも知れないけど「付き合いたい」とかそういうことをリアルに考える子はどのくらいいるんだろう?

中高生とか大きな兄・姉がいる場合はそういう知識は早いうちに入ると思うけど…だからどうという話は聞いたことないです。

ここで登場するのが「おませな女の子」!

息子にチョコをくれた女の子、実はここ3年連続でチョコを渡してくれています。女の子のママとも仲良くしていることもあり、微笑ましいエピソードくらいに思っていたのですが…

何かの用を付けてはうちの息子のことを話題にしたり、会いたがっているようす。

カワイイ女の子に好かれてありがたいなぁと思う反面、もしこの2人が恋愛に発展したらどうなるんだろう?とふとリアルに想像したら…

「ひぃぃぃぃぃ!!!どうしよう!!!」

と勝手に震えだし、女の子のママと訳も分からず盛り上がりました(笑)

小学生で言う「付き合う」の定義

でも小学生が付き合うってどういうレベルなんだろうか?ちょいと調べてみると…

えええ!

あれとかこれとか…もはや大人と同じ付き合い方をしているではありませんか!

マジっすか…と愕然としてしまったけど、都会での意見が多いのは確か。

田舎だからって油断をするのはおかしいけど、うーん、最近の小学生は心も体も発達がお早いようで。

「うちの子は好奇心旺盛で色々早そう…」と思っている保護者の人はちょっと注意をして見守ったほうがよさそうですね。

ただ!

小学生のよくある「付き合う」の定義はこんなことだそうです。

  • 一緒にゲームをする
  • 一緒に登下校をする
  • 一緒に買い物をする

こんな感じらしいですよ。

このくらいならまぁいっか…ってなる?

親はどうするべき?

もし実際に子供同士が「付き合う」ことになったと分かったら、親としてはどうすべきでしょう?

うちの息子がどうなるかって考えても今はまだ想像は付かないけど、もし好きな子と一緒に出かけたいと思ったらきっと私に嘘を付いて行くでしょう。

それは追及するべきなのか否か?

小学生のうちなら相手の子が誰かくらいは知りたいところ。男の子の親として相手の女の子に何かあってはいけないし、という手前もあります。

まだ小学生の場合なら、女の子の名前くらいは教えてくれるような関係でありたいですね。

いつも友達と遊ぶように、ただ相手が女の子であるということは小学生ならよくあること。その延長線上のようなことなら見守るだけでいいのも知れない、なんて私は思います。

そうではなく、本気でなにか態度がおかしい場合は注意をして観察するかも知れません。高学年なら体の発育も進んでいるので、何かあってからでは怖いですね。

まとめ

今回は相手の女の子のお母さんと一緒に考えることができたので、モヤモヤした気持ちは残りませんでした。

もし全く知らない女の子と何かあったらと思うと、どうしたらいいのかと慌てふためいたでしょう(笑)

中高生になったらそんな場面も増えるだろうと覚悟はしていたけど「小学生」というスピード感に乗れませんでした。

子どもを持ったら必ず訪れる問題ですね。今後の展開があったとしても、母親としてどこまで見守るべきなのか。

これは永遠のテーマな気がしています。

スポンサーリンク

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

SNSやっています

「小学生の恋愛事情」を母親として考えてみた。
いいね!を押すとフェイスブックに最新情報をお届けできます!