良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

台風が来ると喘息が悪化するのはなぜ?喘息歴30年の私がおすすめする対処法

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

喘息持ちにとって台風はとても深い関係にあります。筆者であるわたくしラー子は子供のころから喘息を患っているので、体調の変化から「もうすぐ台風が来る」と予想ができてしまいます。

ではなぜ台風が近づくと喘息持ちは悪化をするのか。この原因や私がいつも行う対処法をまとめてみます。

なぜ台風が近づくと喘息が悪化するのか?

子供のころは突然体調が悪化をしてもそれが「台風のせい」だとは全く分かりませんでした。でも、台風の時期の救急外来は喘息持ちでいっぱいになるんですよね。私もその中の1人であり、その時にようやく気付きました。

ではなぜ台風が喘息に大きな影響を与えてしまうのでしょうか。その原因としては、台風が来ると気圧・湿度・温度が一気に変わってしまいます。

とくに気圧が急降下をすることで気管支が収縮してしまうので、それが発作につながってしまうんです。

また、喘息持ちにとって大きな負担になるのが気温の変化ですね。たった3度の気温の変化で喘息はダメージを受けてしまいます。

台風以外にも梅雨や季節の変わり目にも同じことが言えます。

台風による喘息への影響は子供の方が大きい

子供は大人よりも気管支が細いため、気圧の低下による影響は大きいです。また、大人よりも体力がないという点でも十分注意をしなくてはいけません。

軽度の小児喘息でも咳き込んだりしてしまう子が多いので、台風が直撃する期間は十分な注意を払う必要があります。

夜半過ぎから冷え込む場合はとくに注意。

夜中から朝方にかけて咳き込んでしまいやすいので、体を冷やさないように見守りましょう。できればマスクを付けて寝かせた方がのどを傷めにくくなります。

マスク着用が難しい場合は部屋の温度や湿度を保つように工夫をしてください。

日中あまり激しい運動をしてしまうと影響することもあるので、台風の期間中はできる限り体を労わるように声掛けをしてください。

喘息持ちならやっておいた方がいい台風への対策

  • 天気予報のチェックを欠かさない!とくに気温差に注目する
  • 常備薬が十分あるか確認をする
  • マスクの着用
  • 気温差に備えた服装にする
  • 激しい運動を控える
  • 十分な睡眠をとる
  • しっかりと水分をとる
  • 刺激物を避けた食事にする

天気予報に台風のマークが表示された時点で、このような対策を行っておくことで症状の悪化を軽減できます。

日ごろから予防薬を使用していてもどうしても悪化してしまう、と台風による影響が起こることが予想される人は事前に医師に相談をしましょう。

その時だけ服用や吸入できる薬を処方してもらっておくのも悪化させない手段です。

■私は予防薬も使わずに暮らすことができるほど落ち着いていますが、万が一のために吸入薬は切らさないようにしています。写真はサルタノールインヘラーという吸入薬です。台風が思い切り上陸した時には1度か2度は使ってしまいますね。

また、体を冷やさないことや十分な水分をとることがとても大切です。水分が足りない状態では痰が上手く出せなくなり、悪化してしまいます。

のどを冷やさないよう寝る時だけでもマスクをしたり、ネックウォーマーを着用するのもおすすめです。

まとめ

喘息持ちの人はおそらく、発作が出てから台風が近づいていることに気づくでしょう。そこで「もう遅い」とあきらめず、体を温めてしっかりと水分ととって休むことが肝心です。

小さなお子さまが苦しんでいると可哀相になりますが、部屋の湿度と温度管理を上手く行っていくと落ち着くことがあります。

ご紹介をした対処法は台風以外にも喘息が影響を受ける。季節の変わり目や梅雨の時期にも行ってくださいね!

ラー子でした!

スポンサーリンク

良かったと思ったらシェアしてくれると感謝です!

SNSやっています

いいね!を押すとフェイスブックに最新情報をお届けできます!