100円・子供・ライター・脱縮毛…田舎で生きのびる主婦

プライムデー戦利品!ASUSTransBookR105HAの購入レビュー

7月16日のAmazonプライムデーで新しいノートパソコンASUS TransBookR105HAを手に入れました。

プライム会員なら定価よりも約7,000円安いとあり、色もピンクゴールドという可愛げな色を選ぶことができました。

スポンサーリンク

ASUS TransBookR105HAのスペック

  • メーカー、型番:ASUSTek、R105HA-GR061T
  • 重量:1.08Kg
  • サイズ:26.1 x 0.9 cm
  • 画面サイズ:10.1インチワイド、1,280 x 800 (WXGA)、TFTカラータッチスクリーン ワイドビュー液晶、グレア
  • OS:Windows 10 Home 64 bit
  • CPU:インテル Atom x5-Z8350 プロセッサー ( 1.44GHz / 最大 1.92GHz )
  • メモリ:4 GB (DDR3L-1600 ) 、eMMC:64 GB
  • バッテリー駆動時間:約 12.8 時間(充電時間:6.7時間)
  • 電池種類:1 Lithium Polymer
  • 無線RAN:IEEE802.11 a/b/g/n/ac 対応 / Bluetooth 4.1 搭載
  • インターフェース:USB 2.0 / Micro USB / Micro SD スロット( SDXC/SDHC 対応) /外部出力 Micro HDMI ( Type-D )
  • カラー:ピンクゴールド(その他グリーン、グレー)
  • ウェブカメラ:192万画素Webカメラ内蔵
  • キーボード:87キー 日本語キーボード
  • サウンド:スピーカー:ステレオスピーカー内蔵 (1.5W×2)、マイク:アレイマイク内蔵

同梱ソフトとしてMS office、アクセサリーとしてUSB ACアダプターセット ※9、製品マニュアル、製品保証書。

重さ約1㎏!持ち運びが楽

このパソコンを選んだ1番の理由が軽い!ということ。普段古めの重いノートパソコンを家の中で持ち歩いたりするのですが、1日中使う身としては”重い”というだけで大きなストレスに。

今後は外でもサクサク使いたいこともあり、軽いだけではなくて中身も十分使えるスペックであるこれがビンゴでした。

ただ、キーボードはかなりコンパクトになります。文章を書く者としては打ちにくければ仕事にならないのですが、多少狭さを感じますがスピードを落とさず打つことはできます。

普通のピアノの鍵盤からおもちゃの鍵盤に変わったような感じ?(いまいちな表現ですね…)

タブレットとしても使える

(iPadminiの画面が汚い)

さほど取り外して使う用事はあまりない私にとってはおまけのようなメリットですが、タブレット端末としても使うことができます。なのでタッチ操作も可能。タブレット端末があると使う場面がうんと広がるのはありがたいです。

iPadminiよりはかなり大きいけど、iPadよりはやや大きいという程度かと思います。

スマホの延長として仕えて、iPadminiよりもしっかりとパソコン作業ができるものを探していたのでここは大満足。

ワードプレスもサクサク更新できます

スペックの低いパソコンだとワードプレスが重くなりますが、今のところ全く問題はありません。これで外でもブログ更新ができるのでうれしいです。

パッドの音がやや気になる

パッドを指で叩くとアルミっぽい高めの音がするのが気になります。許容範囲内の音だと思いますが、あえて気になる点は何かと言えば今のところこのパッド部分ですね。

きっとカフェで使ったとしても注目されるほどの音ではありません。ノマドなんてやったことないですが。

バッテリーの持続性と静音と熱

バッテリー時間が12時間以上持つので日中ずっと使い続けることができます。今までずっとコンセントにつなぎっぱなしの状態で仕事をしていたので、ノートパソコンがかなり熱かったんです。

これはびっくりするほど熱を感じないんですよ。一体どうなっているの?

そして音が静かです。ほぼ何も音を発しません。古いパソコンがいかにうるさいかを改めて感じました。

ライター、ブロガーでもOK

プライムデーは終わってしまいましたが、小さめのノートパソコンを探している人にはおすすめしたいです。

画像や動画編集をするにはスペックが足りないかと思いますが、ブログの更新やライター作業にはとても便利だと感じています。

「外出先でダウンロードをした動画を親子で見ています」という口コミもあったように、タブレット端末として使うと結構便利だと感じました。

 

ラー子でした!