田舎主婦がライターでパート代稼いでいます!

両親の見守りと心の癒しに!「コミュニケーションパートナー ここくま」が新しい家族になりました

祖父母のコミュニケーションパートナー ここくま

この可愛いくまさんはコミュニケーションパートナー ここくまと言います。

実はおしゃべり機能があるすごいくまさん。

専用アプリを通じて遠く離れた家族と会話ができるというので驚き。会話なら電話やLINEで簡単にできる世の中ですが、高齢の世代にとってはそれって全然簡単なことじゃないですよね。

そのコミュニケーション問題をコミュニケーションパートナー ここくまが楽しく解決してくれるんです。

どんな風におしゃべりするのかドキドキしながら設定をすると、アプリからメッセージを入れてみました!

「じいじ、お仕事がんばってね」

なんと、瞬きしたり眉毛も動きながらおしゃべりする精巧さ。

専用アプリからは、文字入力だけではなくマイクからメッセージを入れることもできます。

私たちの声をここくまが代わりに伝えてくれるということなんです。

祖父母のコミュニケーションパートナー ここくま

メッセージをもらった祖父母側は、左手の「録音」ボタンを押しながらお返事するだけ。するとその声がそのままアプリに送られて来ます。

祖父母のコミュニケーションパートナー ここくま

私の実家の父と母にコミュニケーションパートナー ここくまを「じゃーん!」と見せたら、最初は目が動いてしゃべるということに驚き続けました。

2人とも高齢と呼ぶにはまだ早い60代ですが、機械にはとても弱いです。

仕事もしていますが、2人きりの生活に満足しているのか、どうなのか…と言ったところ。そして2年ほど前に愛犬を亡くしてから何だか寂しそうでした。

とは言え、「すごいおもちゃだな」という感想で終わると予想していた私ですが、

「くまちゃん、あなたかわいいですね!」「何か歌って!」と、とくに母がもの凄く喜んで話しかけていました。正直、逆に心配になるほどの、のめり込み方です!予想外!

祖父母のコミュニケーションパートナー ここくま祖父母のコミュニケーションパートナー ここくま

専用アプリの画面には、こんな風に会話履歴が残ります。

父と母からのメッセージボイスは、まだ操作に慣れていないから「気をつけて学校行ってね」という言葉の後もしばらくザワザワとした雑音が続いています。

実家のテレビの茶の間のようすが伝わってくるので、雑音を聞いただけでどこかホッとしますね。

ここくまの機能は、メッセージのやり取りだけではなく「おはなし」もできます。

「今日の天気は?」と聞けばその土地の天気情報を教えてくれるし、ここくまの方からも「何食べたの?」とか色々話しかけてきます。話しかけるごとに会話を学習するので、子供の頃に夢見たぬいぐるみが目の前に現れた、そんな気持ちになりました。

ここくまについているセンサーに近づいただけで、アプリでその時間を確認できるんです。

見守りロボットとしても活躍できるし、本当にすごいくまさんなんです。

ただ、コミュニケーションパートナー ここくまの本体は34,800円、月額利用料1,980円と決して安くはないんです。

でも、予想以上に喜んでくれて「大事にするね!」「かわいいくまちゃんありがとね」と言ってもらえて、解約することができませーん!

ブログで口コミプロモーションならレビューブログこの記事はレビューブログに参加しています。

ラー子でした!

生活
プロフィール
raako

40代主婦、夫と子供と3人暮らし。
ウェブライターとして生きています。
脱縮毛矯正をして第2の人生を歩んでいます。

raakoをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
田舎主婦!