田舎主婦がライターでパート代稼いでいます!

エステティシャンあるある10選!

エステで働くエステティシャンなら思わず共感できる、エステティシャンあるある10選をお伝えします!

このエピソードは私が働いていた時の実話です。そして、ほかのエステでは全くあるあるではない可能性もあるのでご了承ください。

スポンサーリンク

1.「まずキミが痩せようか」と言われる

「まずキミが痩せようか」

出勤初日に店長から言われたのはこの言葉でした。

覚悟してはいたけど…直球ーーー!

スポンサーリンク

2.先輩に毎日体重チェックされる

 

出勤すると「はい、乗ってみようか」と体重計を指さす先輩。オニ!悪魔!と心で叫びつつも、3ヶ月も付き合ってくれた時、愛情を感じました…。(おかげで8㎏痩せた)

スポンサーリンク

3.「豆腐サラダ」が定番ランチ

ランチを買いにコンビニへ。店長のランチは豆腐とサラダ。先輩も同じく豆腐とサラダのみ…。ダイエット中の私が普通のご飯食べられるわけ…ないですよねぇ。(ってことで毎日豆腐とサラダがランチ)。

ちなみに店長は夕飯も豆腐とサラダ。ただ単にそれが好きという説もあるけど、ウェスト56㎝をキープしているヒミツはそこなんだろう…。

スポンサーリンク

4.宅急便のお兄さん争奪戦

従業員も客も女しかいない女の園につき、宅急便のお兄さんが唯一の男性と関われる瞬間。よって、宅急便がくるたびに誰が出るかジャンケンが行われていたのも本当です。

スポンサーリンク

5.下ネタばっかり

女ばかり集まるとどうしてこうなるのか…。毎日盛り上がる会話と言えば下ネタでした。店長なんて紙に絵を描く始末。どんな絵かなんて言えないよ!

スポンサーリンク

6.痩せないのをエステティシャンのせいにする

食事記録に「生中3杯、餃子、ラーメン、アイス…」って書いておいて、「私が痩せなかったのはこの新人(私)のマッサージがいまいちだったせいよ!」と言ってくる客がいたけど…。

というか、よくぞ正直に書いたなあとある意味関心しましたけど。人のせいにするな!

スポンサーリンク

7.素っ裸の女の人を見ても何とも思わなくなる

毎日パンイチ(パンツ1枚)だけの女の人の身体を、足首からバストまでくまなく採寸を繰り返すので、真っ裸の女の人に何の抵抗も持たなくなります。

よって、自分も温泉へ行っても素っ裸でウロウロします。タオルは不要です。

スポンサーリンク

8.正直こっちが痩せるわ!と思うほど体力勝負な仕事

エステの中は暑い!ボディコースの部屋はわざわざ温度を上げていたり、サウナやシャワーもついている。

そして、脂肪を分解させるマッサージは力作業。汗だくになってマッサージをする自分の方が真っ先に痩せます。

スポンサーリンク

9.アロマオイルで酔っぱらう

私だけかも知れないけど、匂いの合わないアロマオイルと出会ってしまうと、なぜだか急にめまいが…!

お客さんはすやすや寝ていたけど、こっちはフラフラで倒れそうになりつつも、マッサージをしていますぅぅぅ…。

スポンサーリンク

10.お客さんが卒業する日は泣きそうになる

脱毛が完了したり、見事ダイエットに成功したお客さんは当然ながらもう来なくなります。裸のお付き合い(違う)だったり、超デリケートな部分を相談してくれたり…。

そんなお客さんとの別れの日は泣きそうになります…!

またねー!とは言えないけど、綺麗になって美しい人生を歩んでくださいねぇぇぇ!!!と心の中で叫んでいました。

以上、エステティシャンあるある10選でした!

スポンサーリンク
仕事
プロフィール
raako

40代主婦、夫と子供と3人暮らし。
ウェブライターとして生きています。
脱縮毛矯正をして第2の人生を歩んでいます。

raakoをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
田舎主婦!