インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

スポンサーリンク

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

Instagram(インスタグラム)の円形プロフアイコンの作り方をご紹介します!

ただ、わざわざ円形画像を作らなくてもインスタグラムのプロフは登録できます。

  • 円形に上手く画像がハマらない人
  • 画像じゃないプロフアイコンを作りたい人

に、オススメの方法です。

スポンサーリンク

基本:インスタグラムの円形アイコンの作り方

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

インスタグラムのプロフィールアイコン(以下、プロフアイコン)は、

プロフィール編集>プロフィール写真を変更

で、画像を選べば登録ができます。

とくに何も加工しなくてもこの方法で登録ができます。

ただ、上手く円形にハマる画像を用意したかったり、文字やスタンプ加工をしたい人はLINEカメラアプリ(ダウンロード無料)を使うと色々活用できます。

スポンサーリンク

LINEカメラの円形フレームが便利

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

まずはLINEカメラを開いてアルバムを選択。

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

右下の編集を押す。

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

加工メニューが並んでいる中、四角い”□”を選択、円形フレームを選択。

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

これで円形プロフアイコンのイメージがつかめます。

画像の確認は、インスタグラムのプロフ円形に実際に当てはめてみればいいだけのことなので、わざわざLINEカメラで見なくても実は大丈夫(笑)

ただ、色々加工をした画像をプロフにしたい場合は、この円形フレームのまま作るとあまり失敗がないのでおすすめします。

文字入れ加工

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

”T”というメニューを選ぶと文字入れができます。

文字色、フォント、太さ、文字輪郭など細かく設定可能。

スタンプ加工

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

目やひげのメニューなど、色々なスタンプが用意されています。

ダウンロードは右下の「↓」を押すと、スマホに保存されます。

顔出ししたくない人はスタンプ加工するといいかも。

ここまでは、とくにすごい加工方法というわけではありませんが、LINEカメラはインスタグラムにぴったりはまる円形フレームがある、

ということが伝わればいいなということです。

ここからは、画像ではないプロフアイコンを用意したい人向けです。

スポンサーリンク

LINEカメラで円形プロフアイコンを作る方法

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

私が運営している「新潟LIFEwithKIDS」のインスタグラムアイコンは、LINEカメラで作りました。

スタンプ+文字の2加工なのでとても簡単です。

スポンサーリンク

LINEカメラの「ペイント」でアイコンを作る

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

アプリのトップメニューの「ペイント」から始めます。

このハートマークのアイコンは、

白いベース>ハートのスタンプ>文字

この3工程で作りました。

文字には白い輪郭を入れて強調させています。

背景を模様入りにすることもできるし、自由に絵を描くこともできます。

円形フレームで確認

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

作ったアイコンを円形フレームに当てはめてみるとイメージがつかめます。

円形フレーム以外も使えます。

ストライプ背景+ハートフレーム

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

背景に斜めストライプ、ハートフレームを選ぶとこんな感じ。

円形以外のフレームを使うとほかの人と差が出ます。

木目背景+コーヒーカップフレーム

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

コーヒー好きの人に使ってほしいです。

カフェのアイコンにも使えそうです。

星の背景+星フレーム

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

星の背景と星のフレームです。

見にくいですが星形に抜き取ることができるので、これも可愛いプロフアイコンになります。

インスタグラムの円形プロフアイコンの作り方/LINEカメラ活用

顔写真や風景を円形以外のフレームで抜き出しても可愛いので、ぜひお試しください。

■1年以上使い続けているアプリ

https://mytimes.jp/unlog/
ライブドアリーダーの使い心地そのまま!「inoreader」アプリに出会えて良かった!
ガラケー時代からみんなのブログはライブドアリーダーで見続けていた私にとって、スマホ化が痛くて仕方なかった。 ライブ...

ラー子でした!

スポンサーリンク
ライフハック
スポンサーリンク
プロフィール
raako

40代主婦、夫と子供と3人暮らし。
ウェブライターとして生きています。
脱縮毛矯正をして第2の人生を歩んでいます。

raakoをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
田舎主婦!