田舎主婦がライターでパート代稼いでいます!

衰えたiPhoneのバッテリーを「Deeproバッテリー交換キット」でセルフ交換→2千円で復活!

スポンサーリンク

iPhoneエックスだと思っていたら「テン」と読むことをようやく知りました。どうも、iPhoneX(テン)ユーザーの者です。

私がこれまで使っていたiPhone6は夫に奪われ、衰えたバッテリーをなんと…自分で交換を行っていました。

何でも2千円弱でAmazonで買ったバッテリーだと言うので、交換から復活までのレポートを書きとどめておきます。

スポンサーリンク

iPhone6のバッテリー交換をセルフで行う

夫がおもむろに始めたのがiPhone6のバッテリーの交換。

Deepro バッテリー交換キット (iPhone6用)というものを買ってみたらしいのです。

えっ、自分でできるの?と尋ねれば「イエス」だと言うではないですか…。

そして、使いたいテレビのリモコンがうまい具合にiPhoneの背もたれ?に使われています。

(チャンネル変えたい…)

(ちゃんとリンゴのマークがあるー!)

パカッといとも簡単にご開帳。黒い板がiPhoneのバッテリーらしいです。

こちらがiPhoneのふた…ではなくて取り外した画面の部分。こんな姿を見るのは貴重だけど、不安は募る一方…。

見たこともない工具を使う夫。

「工具も全部セットなんだ」と得意げです。素手で触っていいのか?とも思いましたが、説明書の指も素手でやってますね。

(バッテリーを挟んで)

(取れた)

あのピンクのは、バッテリー裏に貼り付ける両面テープだとか。なんかカラフルですね。中華っぽい色です。

▼セルフバッテリー交換後の起動確認!

電源オン…無事に起動確認できました。

ここ半年くらい、使おうとすると一気に2%にガクーンてなってしまっていたバッテリー。

交換したら寒い場所に置いても、2日放置しても80%以上保てるように。あれ?何で私、iPhoneX(テン)に買い替えたんだっけ?

そしてようやくチャンネルも変えることができました。約30分弱で交換は終了です。

スポンサーリンク

Deeproバッテリー交換キットの内容

Deeproバッテリー交換キット(iPhone6用)の中身はこちら。

■バッテリー本体

  • 電池容量:1810mAh
  • 電圧:3.82V

■工具など

  • スパッジャー
  • ドライバー
  • ピン(ペンタローブ星形、プラス)
  • オープナー
  • ピンセット
  • ヘラ
  • 吸盤
  • 両面テープ
  • 取扱説明書

吸盤はふたを外して取るときに背面にくっ付けて使うそうです。

▼日本語で解説されている

このバッテリーのよいところは、取扱説明書が全て日本語で事細かく説明されているところでしょう。

夫もこの順をたどっただけで、失敗することなく交換ができました。

iPhoneを自分で解体する勇気はなかなか出ないけど、実際横で見ていたらさほど心配はいらない様子。あれなら私でもできるな…つぎは自分でやってみたいなどと思いました。

スポンサーリンク

Deeproバッテリー交換キットの保証期間

推奨サイクルカウント回数に達していないのに80%以下しか充電できな場合は2年間以内なら保証されるとのこと。

何回バッテリーを充電したかは、パソコンやアプリを使って調べることができるとか。

できるだけバッテリーを長持ちさせるには、最新OSにアップデートをして温度差をつけないようにした方がいいらしいです。

約2千円でバッテリー交換ができるのなら、正規の方法で行う前に検討すべきかなと思いました。

ちなみにiPhone5、iPhone5s/5c、iPhone6/Plusのバッテリーが揃い、iPhone6/Plusなら大容量を選ぶことができるようです。

スポンサーリンク

iPhone6の画面割れも直った

先ほどの画面をもう一度出しますが、わたくしラー子はこのiPhone6の内部の画面に亀裂のようなものが入ったから買い替えたんですよ。

iPhoneXに機種変!使う前にコレをやって3年以上使ってます
3年4ヶ月使い続けたiPhone6が壊れたー!ということで、久しぶりに機種変更しました。 アラフォー主婦、iPho...

これです、右の方に黒い亀裂が入っていたんです。画面の表面ではなく内部の方に入っていました。

それが…

(ドーン!)

跡形もなく消えている…!

私「亀裂はどこへ?」

夫「指でこすってたら消えた」

私「…。」

もはや完全復活をしたiPhone6。

iPhoneXの顔認証は楽しいから許すけど、同じような亀裂がある方は一度指でこすってみてください。ちなみに直る補償はありません。

ラー子でした!

スポンサーリンク
ライフハック
スポンサーリンク
プロフィール
raako

40代主婦、夫と子供と3人暮らし。
ウェブライターとして生きています。
脱縮毛矯正をして第2の人生を歩んでいます。

raakoをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
田舎主婦!