田舎主婦がライターでパート代稼いでいます!

独特な健康法「メイヂ健康大麻油」の効果とは?CBCについて調べてみました

今回、メイヂ食品株式会社さんのモニターに選んでいただいたのですが、その商品がこれ。

メイヂ健康大麻油という”油”でした。

まず気になるのが「大麻油」です。思わず二度見しましたが、もちろん違法性のある成分は含まれていません。大麻という名前だと誤解をしてしまいますが、ヘンプシードという名前なら私も聞いたことがあります。

ちなみに七味唐辛子の中にも大麻は入っているんです。こう聞くと、とても身近に感じますよね。

スポンサーリンク

CBCとは?

このメイヂ健康大麻油にはCBCという天然成分が抽出されているらしいのですが、CBCって…?

CBC=カンナビジオール

CBCの効果について調べてみると「医療大麻」とのつながりがあることに気づきます。

抗がん作用、鎮痛作用、神経保護作用、抗菌作用…このような効果が期待できるとのこと。

これは気軽に使える健康食品なのか?と気になりますが、大麻油を魅力的に感じる成分がこれ。

スポンサーリンク

大麻油の成分

必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸オメガ6脂肪酸が1:3で含まれていて、このバランスが非常にいいとか。

ちなみに1:4が理想的なバランス。

バターや肉の脂身などは飽和脂肪酸で、亜麻仁油にはオメガ3が多く、ごま油などはオメガ6が多いようで、大麻油はどちらも上手く含んでいるようです。

スポンサーリンク

大麻油の効能

必須脂肪酸のバランスが上手くとれるとこんな嬉しい効能があるようです。

  • 心臓病リスクの低下
  • 代謝促進
  • 皮膚の抗炎症作用
  • 毛髪の成長促進
  • アンチエイジング
  • 脳や目の網膜保護
  • PMS予防
  • 便秘解消

病気の予防だけではなく、全体的に美容へとつながることがわかります。PMSへの効果もあれば女性は期待しちゃいますね。

花粉症のシーズンは免疫力アップが期待できそうです。

アラフォーの私ですが、体のことを真剣に考える今なら何らかの対策を生活に取り入れることは大切だと感じます。

スポンサーリンク

使用方法

メイヂ健康大麻油は、朝晩15滴を60秒ほど舌下に含むという独特な使い方。CBCは舌下の粘膜から吸収できるとのことですが…これがなかなかクセものでした。

そもそも油をそのまま口に入れることに抵抗があり、ごま油っぽい味にどうも渋い顔をしてしまいます。さっきご紹介した効能のためだ、そう思わないと私は続けられないと感じてしまいました。

でもこれ、1本9,800円もするとても貴重なものなんです。

値段を見て、ここでも二度見しちゃいましたけど、アメリカのコロラド州でとれた大麻草と、オーストラリアでとれた高濃度のヘンプシードオイルを輸入し、徹底した品質管理のもと群馬県高崎市の工場でボトリングされているんだとか。

かなり貴重なものだ…そう思いながらも続けてみました。

■はっきりとした効果

使い始めて10日以上が経ちますが、今のところ目立った効果はわかりません。ただ、大麻油という成分にとても興味を持つようになりました。

慣れなかった味にも耐えられるようになり、いつかこの成分に助けられる日が来るのではないか?そんな期待感も持つようになっています。

CBCを含む大麻油は妊娠中と授乳中は使用不可とのことですが、子供からお年寄りまで使える安全性についてもわかりました。

興味を持たれた方はメイヂ健康大麻油を覗いてみてください。

ラー子でした!

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

 

 

 

スポンサーリンク
美容
プロフィール
raako

40代主婦、夫と子供と3人暮らし。
ウェブライターとして生きています。
脱縮毛矯正をして第2の人生を歩んでいます。

raakoをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
田舎主婦!