100円・子供・ライター・脱縮毛…田舎で生きのびる主婦

「なんじゃこの痛み!」後陣痛を知らなかった私が出産よりも苦しんだ体験談

「なんじゃこの痛み!」後陣痛を知らなかった私が出産よりも苦しんだ体験談

「鼻からスイカ」「例えようもない痛み」

初めての出産を迎えるに当たり、陣痛への恐怖でいっぱいになっていた私(ラー子)は年末のクリスマスを過ぎたころに長男を産みました。

陣痛は痛かったかどうかと言えば、そりゃ痛かったと思います。

例えようもない痛みではなく、私は「生理痛×100」がマックスの痛みだと感じました。なので、生理痛の延長上の痛みという感覚でした。

しかし!そんな陣痛を上回る勢いの「なんじゃこの痛み!」がやってきたのです。そんな体験談をお伝えします。

スポンサーリンク

産んだはずなのになぜ痛い!?後陣痛とやらが襲ってきた

ワーワーギャーギャー時には暴言吐きながら(記憶は薄っすら)出産をし、わが子を腕に抱いたら苦しみから解放される!

…はずなのに!

何なんだ!?この痛みは!!!!

出産した直後は気づかなかったあの痛み。

そう、後陣痛(こうじんつう)というものが私を襲ってきました。

「聞いてないよーーー!!!」

スポンサーリンク

実は「後陣痛が1番痛かった」と答える女性多数

出産の痛みよりも「後陣痛の方が痛かった!」と答える女性が意外と多いって知ってました?

私(ラー子)は後陣痛という存在すら知らずに出産に挑んでしまったので、無知すぎる自分を恥ずかしく思ったものです。

たまひよのノリが苦手だし、小心者である以上に育児本など読んだら心配ごとが増えるだけだ!と思った私は無知識の状態で出産しようと考えまして。

問題が起こったら調べればいい…そしたら出産直後に問題が起きて「ひぃぃぃぃ!!!」と叫ぶことになりました(笑)

でも、「後陣痛なんて知らなかった!」って思った人はたくさんいるし、出産経験を語る女性たちから「出産した後も痛くて」なんて話は1度も聞いたことなかったです。

後陣痛は「子宮が戻る時に生じる痛み」

そもそも後陣痛とは何だろう?ということなんですが、出産のために大きく膨らんだ子宮が今度は収縮を始めます。この、子宮が戻る時にズキズキとしたまさに生理痛のような痛みを感じることがあります。

私は出産から2時間くらい経った頃から痛み始め、その日の晩は痛くて眠れませんでした…。

1人で苦しむから後陣痛はつらい!

なぜ出産よりも痛かったと感じるのかと言えば、出産はわが子を産むぞという使命があるので必死に耐えます。そして産まれればミッション達成です。

後陣痛はたった1人で苦しむことになり、陣痛の時のように甘やかしてくれる訳でもない。しかも慣れない赤ちゃんの世話にも追われる。

この体験が「陣痛より痛かった」と感じてしまう原因なのではないかと思いました。

スポンサーリンク

後陣痛に痛み止めは効果なし?

妊娠中は飲めなかった薬が出産後なので飲めるようになります。(医師に相談の上です)

後陣痛で痛ければ痛み止めを処方してくれます。私が処方されたのはロキソニン錠だったと記憶しています。

効果はそこそこあったとは思いますが、薬の効果が切れた頃にまた「ズキンズキン!」と子宮がうずきました…。

もともと生理痛が強めな人は後陣痛も痛いのかも?と感じてしまいましたが、これについても個人差があるようです。

スポンサーリンク

羨ましい!後陣痛がない人もいる!?

そうなんです。

恐らく私の周りの人は後陣痛がなかった、もしくは軽かったんじゃ!?と思っています。

だって、誰ひとり「出産後が痛くてたまらなかった」といった体験談を話す人などいなかったからです。

子宮の収縮具合と痛みの関係性はわかりませんが、痛みを感じやすい私のような人は「痛い!」って余計に思うかも知れないです。

スポンサーリンク

3人目は後陣痛が軽くなるのは迷信かも知れない

口コミでは「初産よりも2人目3人目の方が後陣痛が軽くなる」といった書き込みもあります。

そして、「2人目よりも3人目の後陣痛が痛かった!」と言っている人もいます。

産むごとに痛みが軽くなるということではないようです…。

ただ、1度体験していれば痛みに対して心の準備ができますね。

スポンサーリンク

体験談:帝王切開後の後陣痛

長男は自然分娩でしたが、2人目の娘の時は帝王切開でした。

この時後陣痛はあったかどうか?

記憶をたどれば、子宮がどうというよりも、お腹の傷口の痛みに神経が集中していたので全く感じなかったです。(私は、です)

帝王切開の場合は点滴で痛み止めを入れているので、そのせいなのか痛みは軽いのではと思いました。そもそも傷口の痛みが大きいので後陣痛は紛れてしまう気がします。

スポンサーリンク

たまひよ苦手な人に!おすすめ出産本はこれ

真面目な本は苦手!正論なんて聞きたくない!

そんな人にはこの本ならスーッと入って来るでしょう。なんせ「コウノドリ」の先生が教えてくれるし、「それでいいんだ!」っていうことが書いてあるので安心したマタニティライフが送れます。

私の時には発売されていなかったのですが書店で立ち読みしました(もう不要なので買わなかった…)。すごく面白い内容でしたよ。

こちらは赤ちゃんの胎内記憶に注目した池川明先生の実体験を読むことができます。

悲しいタイトルに感じるのですが、妊娠までにとても苦労をした人、色々な不安を持っている女性が「そうだったんだ…」と気持ちを成仏させることができる、私にとっては気持ちの切り替えができた1冊になりました。

お腹にいる赤ちゃんはなぜ今そこにいるのかたどってみませんか?

子供を亡くし、天使ママになって2年。今思うことと「ママ、さよなら。ありがとう」という本
今日2017年7月8日を迎え、筆者である私は「天使ママ」になって2年になります。 あの日あの時からもう2年も経つな...
スポンサーリンク

まとめ

「なんじゃこの痛み!」後陣痛を知らなかった私が出産よりも苦しんだ体験談

この記事を読んで「えっ、後陣痛なんてあるの!?」と思った妊婦さんは、ぜひ心の準備をしておいてください。

とくに痛みがなければ「後陣痛なかった!ラッキー!」で終わります。

知らないままだと「ギャー!なんだこの痛みは!」とびっくりするので、ほかの知識を入れるよりも後陣痛のことは頭の片隅に置いておいた方がいいのでは、そう思っちゃうほど痛かったです。

ラー子でした!

スポンサーリンク
妊娠
プロフィール
raako

40代主婦、夫と子供と3人暮らし。
ウェブライターとして生きています。
脱縮毛矯正をして第2の人生を歩んでいます。

raakoをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
田舎主婦!