100円・子供・ライター・脱縮毛…田舎で生きのびる主婦

ランサーズで月収10万円を稼ぐには?初心者がライターの仕事をもらう方法

「いい仕事がない…」

子供がいる主婦、田舎に住む女性、そんな人こそ在宅ワークがおすすめです。でも、実際には稼ぎ方がわからずに諦める人も多いです。そんな私も手探りで始めましたが、月収10万円を稼ぐことができました。

そして今はウェブライターという仕事が大ブーム中!

副業にも最適な、クラウドソーシングのランサーズで月収10万円を稼ぐ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ランサーズとは?

ランサーズとは、無料登録できるクラウドソーシングです。

クラウドソーシングサービスは仕事をしてほしい人と仕事がしたい人が出会える場所です。

プロアマ問わず、「この仕事ならできる」と思えば「やります!」と受注(ランサーズでは提案)ができます。

仕事を依頼する人は「クライアント」、仕事をもらう人は「ランサー」になります。

私はとくにパソコン系の資格も何も持っていませんが、Webライターとして月収10万円を稼いでいます。

スポンサーリンク

ランサーズに登録するとできること

ランサーズな登録をするとできることを具体的にまとめるとこんな感じです。
稼げる相場金額も表示してみます。

アンケート

(5円~)

アンケートは3分から5分程度で終わる内容が多く、マーケティング調査に利用している企業もいるようです。選択するだけのアンケートなら5円や10円が多いですが、口コミ体験談を投稿するなら500円以上のものもあります。

文章力は問われないので気軽にできます。

モニター

(100円~)

モニターは、アプリや商品を使ってみた感想を伝えるもの。こちらの負担は一切なく、その商品がもらえることが多いです。

長期的なものやある企業の極秘調査のような内容なら、5,000円以上の報酬がもらえる案件が見つかります。私は何度か商品モニターに参加しました。

タスク

(5円~)

タスクとは、ランサーズ内で全て完結する案件です。

アンケートやモニターもタスクの中に分類され、多くの案件が「体験談募集します!」といった内容です。クライアントとの面倒なやり取りもなく、ひたすら体験談に答えるだけでもお金がもらえます。

私はランサーズに登録後はこのタスクをこなしました。ひたすら文章を書きまくるのでライティングの練習になります。

ライターという仕事に興味を持たれている方は、まずはタスクをやってみましょう。

webライター

(300円~)

「○○についての文章を700文字程度でお願いします」などという案件を見つけ、「やってみたいです」とこちらから提案することで仕事ができます。

クライアントとのやり取りが必要ですが、初心者でもできる内容はたくさんあります。

その他の仕事

  • システム開発・運用
  • web政策・webデザイン
  • デザイン制作
  • 翻訳・通訳サービス
  • マルチメディア
  • ビジネス、事務、専門

文章を書く仕事だけではなく、幅広いジャンルの仕事があります。

スポンサーリンク

私が自宅で月収10万円を稼ぐまでの道のり

私がライターとして稼ぐきっかけは、働いていたパート先を失ったことが始まりです。

パート先が倒産してから田舎でライター業を始めて早2年。その収入や実態について思うこと。
わたくしラー子は現在WEBライターとして毎月収入を得ています。最近「主婦ライター」という言葉も広まりつつありますが、これ...

これは登録したばかりの時の報酬画面です。ほとんどがタスク作業で、数円から500円台程度のものばかりです。

私の場合は、ランサーズ以外のクラウドワークスでも仕事をしていたので、2つ合わせた報酬金額推移をご紹介するとこんな感じです。

  • 2013年1月…2万円~
  • 2013年2月…4万円~
  • 2013年3月…6万円~
  • 2013年4月…8万円~
  • 2014年1月…10万円達成

最初はキュレーションだけで2万円を稼ぎ、その後簡単な文章を書いてお金をもらうようになりました。パート月収と同額の8万円以上稼ぐことを最初の目標にしました。

最初は記事を書くスピードが遅かったので、ほとんど寝不足状態だったのが辛かったです。その甲斐あってか1年後には月収10万円に到達し、その後ランサーズでも積極的に仕事をもらうようになりました。

記事単価が上がったことで、同じ作業時間で月収20万円を狙いたいと考えています。

スポンサーリンク

ランサーズのメリットとデメリット

ランサーズに登録すると自宅でお金が稼ぐことができます。在宅ワークに興味がある方はいい面ばかり見てしまうかも知れません。

在宅ワークは挫折する人がとても多いので、いきなり本業にするのは危険です。メリットとデメリットの両面を知ってください。

デメリット

  • 時間制限がない分ダラダラ仕事をしてしまう
  • 作業効率が悪いと全然稼げない
  • 私生活と仕事の区別ができなくなる
  • 子供がそばにいれば結局仕事はできない
  • 寝不足になりやすい
  • 運動不足になる
  • コミュニケーション不足になる
  • 太りやすい

思いつくだけでこれだけあげられます。中でも「作業効率が悪いと全然稼げない」。自分自身を奮い立たせる、効率アップさせることの難しさを痛感します。

メリット

  • ゴロゴロしながら仕事ができる
  • 通勤しなくていい
  • 天候に左右されない
  • 子供との時間を持てる
  • 子供の急病にも対応できる
  • 体調が悪ければすぐに休める
  • ライティングなら文章スキルがアップする
  • アフィリエイトスキルもアップする
  • パート代以上を稼ぐことができる
  • 場所を選ばない

メリットはデメリット以上にたくさん思いつきます。子供がいる主婦ならだれでも1度は「在宅ワークで稼げないか」と考えます。外に働きに行かない分、ストレスは大きく減りました。

在宅ワークは副業で稼ぐのに最適です!

ある程度稼げるようになったらフリーランスになる!これを目標に掲げる主婦の方がとっても増えています。女性の生活スタイルにとてもマッチした働き方なので、在宅ワークができることに感じるありがたみはとても大きいです。

私もWebライターは実は副業です。本業はアフィリエイターです。どちらが副業でもいいんですけどね。

また、ライティングの仕事を続けることで文章スキルがアップするだけではなく、すご腕アフィリエイターさんのSEO対策をしっかり身に着けることができます。

お金を払って学ぶような内容をお金をもらいながら学べるので、アフィリエイトに興味がある方には強くおすすめしたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランサーズでライターの仕事をもらう方法

「在宅ワークをやりたい!」と思っても何をどうしたらいいのかわからないもの。そんな人のためにランサーズなどのクラウドソーシングがあります。

まずはおすすめのランサーズに登録してみましょう。登録にはお金がかかりません。

初心者は「タスク」から!

登録したらすぐに作業開始できます。

まずはアンケートや体験談などに答えられる「タスク」から始めましょう!

上限はないので、どんどんこなすだけでコツコツ稼ぐことができます。

ライターの仕事をもらう方法

ライターの仕事をもらう方法は、色々な案件にこちらから「やります!」と提案をしてクライアントさんが「お願いします」となった時点で成立します。

これは「プロジェクト」と呼ばれています。

ランサーズ内の「仕事をさがす」>「ライティング・ネーミング」から文章を書く仕事を探すことができます。

よくあるのが、テスト記事を1記事書いてから本契約に移るという方法です。

何だか難しそうに感じるかと思いますが、「初心者OK」と書いてある案件はたくさんあります。まずは文字数の少ない内容から提案してみましょう。

初心者の方は「体験談」が簡単なのでおすすめです!

提案文のテンプレート(初心者向け)

気になる仕事があれば提案をしてみましょう。でも提案って何?何をどう書くの?という人へ。

○○様
はじめまして、○○と申します。
【仕事内容○○(例:接客業の体験談)】にご提案いたします。■自己PRポイント(例:現在、スーパーのレジでパートとして働いている主婦です。日々の経験を活かせる仕事内容だと感じました。ライティングは初心者ですが、文章を書く事は好きな方です。ぜひ体験談を書かせていただければと思います。)(現在の職業、職歴や得意なことを簡潔にまとめる。)以上、ご確認をお願いいたします。丁寧で分かりやすい文章を心がけ、納期を守ることをお約束します。よろしくお願いいたします。

簡潔かつ丁寧に書くことがポイントですが、初心者の方はライター歴などは書く必要はありません。

「あなたの案件内容に自分のここが活かせます!」

ここにポイントを置いて、自分ならこの仕事できそうです!興味あります!と思い切って意思を示しましょう。

ダイエット体験談なら…「ダイエット経験なら人並み以上にあります。」

借金系の体験談なら…「今現在も返済中です。」「過去に借金経験があります。」

こんな感じで自己PRを添えます。

システム手数料と提案金額

例として、記事数1本、記事単価6000円だった場合はこのように報酬金額に記入をします。

クライアント支払い金額が「6,000円+税」になるように、提案金額は計算をして記入をします。

クライアント支払い金額×0.8=提案金額

この場合は4,800円があなたが受け取る報酬金額になるということです。報酬金額が減ってしまう理由は、ランサーズのシステム手数料20%が差し引かれるからです。

■ランサーズのシステム手数料とは?
クラウドソーシングを利用すると必ずシステム手数料が発生します。高いと感じますが、安全に報酬のやり取りができるためのもので、個人情報(本名や銀行情報など)を伝えずに利用ができるメリットでもあります。クラウドワークスでも同額の5~20%のシステム手数料が発生します。10万円以下の案件なら20%、10万円以上で10%、20万円以上で5%になります。
スポンサーリンク

持っていたいもの、便利なもの

ランサーズでライターを始めると、この2つを持っているか問われることが多いです。あらかじめ用意しておくとスムーズになります。

チャットワーク

自分のIDを持つことでクライアントさんとメッセージやファイルのやり取りができます。無料でダウウンロードできます。パソコンからも利用できます。

チャットワーク

Googleアカウント

「Gmailアカウントはお持ちですか?」と聞かれることが多く、Googleアカウントでドキュメントやスプレッドシートなどを使うクライアントさんも多いです。

大きなサイトのクライアントはほぼ利用しているので、無料なので取得しておくと便利です。

Gmail

Googleアカウントを持つことで、Googleドキュメントというものが使えるようになります。

「wordで提出してください」という案件ならGoogleドキュメントで文書作成ができます。

Googleドキュメントで文書を作成し、ダウンロードをして提出(納品)することができます。wordを持っていないから…と諦めないでください。

「Googleドキュメントアプリ」を使えばスマホからも編集できるのでとても便利です。

スポンサーリンク

スマホでできる仕事もある!

ランサーズはスマホから仕事するのも可能です。

ただし簡単なタスクのみですが、ちょっとした文章ならスマホからでも大丈夫。

ウェブからランサーズにログインして利用することも可能ですが、ランサーズのアプリから利用した方がサクサク動きます。

空いた時間にアンケートに答えるくらいならとても手軽なので、まずはここから始められてもいいですね。

スポンサーリンク

まとめ:ランサーズは初心者でも気軽に参加できる!

「クラウドソーシング」と聞くとハードルの高さを感じると思いますが、アンケートやちょっとした体験談なら何の経験がなくても答えられます。モニターなら楽しみながらお金がもらえます。

よくあるアンケートサイトよりも、ポイントではなく報酬として受け取ることができるので私はこちらの方をおすすめしたいです。

「そんなに長い文字数なんて書けない」と思う人でも、昔書いた感想文を書くつもりでやってみれば意外と険しい道のりではないことに気づくと思います。

…ここまでで「216文字」です。文字数って数えてみると「もうそんなに書いたの?」と思ったりします。500文字くらいならスマホで打つことも意外と苦ではないものです。

ちなみに、この記事の総文字数は5036文字です。

この文字数はパソコンからじゃないとちょっと大変です。

ウェブライターやアフィリエイト、ブログをする程度なら安いノートパソコンで大丈夫です。

プライムデー戦利品!ASUSTransBookR105HAの購入レビュー
7月16日のAmazonプライムデーで新しいノートパソコン「ASUS TransBookR105HA」を手に入れ...

そして私は、10年前はパソコンの電源すら入れられなかったような人だということをここに告白しておきます(笑)つまり、やってみようと思う気持ちが大切です!

スポンサーリンク
仕事
プロフィール
raako

40代主婦、夫と子供と3人暮らし。
ウェブライターとして生きています。
脱縮毛矯正をして第2の人生を歩んでいます。

raakoをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
田舎主婦!