100円・子供・ライター・脱縮毛…田舎で生きのびる主婦

二の腕ブツブツの原因が判明!私なりの治し方は「塩&とぎ汁」

子供のころから二の腕のブツブツに悩まされている私。写真の通り細かいブツブツが広がっています。

ブツブツがあるのは二の腕だけにとどまらず、足や背中やもしかすると顔のこれもそうなんじゃない?って思うほどに全身ブツブツがあります(落ち込むわ…)

このブツブツは「サメ肌」という名前で呼んでいたのですがこの正体が大人になった今ようやく判明しました!

二の腕のブツブツの正体は毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)って言うんですって。何それ~。

スポンサーリンク

毛孔性苔癬とは?原因に迫る!

毛孔性苔癬は毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)とも呼ばれるらしいのですが、角化症という字を見るとなんだか皮膚が硬くなってしまうようなイメージができます。

原因を探るとその通りで、皮膚の角質層の水分不足や毛穴の中の角質が進んでしまうことが原因とのこと。

毛孔性苔癬の症状と遺伝

このブツブツをよく見ると、毛穴の表面が硬くなっているのがわかります。赤く炎症したり、白くなっていたりします。思春期のころは炎症がひどくなることがあって、痛かったり痒かったりものすごく気になりました。

これは薄々感じていたけど、遺伝も関係しているそうです。両親のどちらかが自分と同じ肌だったら遺伝しちゃっていますね。

ニキビや吹き出物とは違う

毛孔性苔癬はニキビや吹き出物とは違うんです。

ニキビや吹き出物なら思春期のころだけできたり、抗ニキビ薬を使うことで効果が表れます。私もニキビ薬を塗って治そうと試みたことはありますが、炎症は抑えられたものの根本的な改善は全くできませんでした。

アトピー性皮膚炎の人や肥満の人も出やすい

アトピー性皮膚炎を発症している人もなりやすく、肥満の人はさらに目立ちやすいとのこと。男女どちらかが発疹しやすいということはないそうです。

毛孔性苔癬の治し方

毛孔性苔癬を治すポイントは角質を柔らかくして除去するということです。このために必要な成分がこの2つ。

  1. 尿素
  2. ビタミンA

この2つが入った塗り薬を入浴後に塗る方法が毛孔性苔癬の治し方なんです。塗り方にもポイントがあり、入浴後にたっぷりと塗らないと効果が表れにくいんだとか。

この2つの成分が入った塗り薬としてこれがあります。

小林製薬、ロート製薬から販売されている二の腕ブツブツ用の塗り薬です。どちらも(ネーミングセンスが気になるものの)口コミレビューを見るとそれなりの効果を実感している人は多いようなんです。

根気よく塗り続けることで改善できるようですが、完全に治すことはやっぱり難しいようす。悪化させないためにもこの薬は有効だと思いますが、私は一生付き合うのなら身近なものでそこそこ症状を抑えたいと思いました。

私のブツブツの治し方!塩と米のとぎ汁を使う

これはあくまで私個人がやっていることなので試す場合は自己責任でお願いします。とくに皮膚が弱い方は注意をしてください。アレルギーの疑いがある人はパッチテストを行ってくださいね。

用意するものはこの2つ。

  • 天然塩
  • 米のとぎ汁

食卓塩ではなく「天然」と書かれたものを使います。私はスーパーで売ってる安い「あらじお」などと書かれたものを使ってしまっていますが、美容用の塩の方がお肌には優しいかも知れません。

米のとぎ汁は最初に出たにごった汁ではなくて、2番目によくといだ後に出たものをペットボトルに入れて冷蔵庫にしまっておきます。すると濃い部分が沈殿するのでそこを使います。(日持ちしないのですぐに使ってください。)

洗面器で塩ととぎ汁を溶かしてマッサージをする

溶けた塩を二の腕に塗る

とぎ汁を塗る

よく流す

入浴後は化粧水や二の腕用塗り薬をたっぷりと塗る

塩はそのままの状態で皮膚に塗っては傷めてしまうのでやめましょう。私はこんな感じで入浴しています。米のとぎ汁がない日は塩だけでマッサージをします。

私は足を洗面器に入れてしまい足の裏から塩マッサージしているんです。その溶けた塩にとぎ汁を足して全身に塗るようにしています。

足から順番にやるとなんか汚いと思う人は顔からでもいいですよ(笑)とぎ汁はちょっと匂いにクセがありますが、顔に塗ってみるとしっとりすべすべになります。

ちょっと独特なやり方なんですけど、塩でツルツルにしてとぎ汁でもちもち肌へと仕上げるというイメージで2つを使ってみてください。

塩と米のとぎ汁の効果

塩が肌へもたらす効果はこちら。

  • 殺菌作用
  • 発汗作用
  • 血行促進
  • スクラブ効果

ミネラル豊富な天然塩を使うことでお肌が生き生きとします。塗ってすぐに発汗するので引き締め効果も抜群です。

米のとぎ汁が肌へもたらす効果はこれ。

  • 新陳代謝を活発にする
  • 古い角質を吸着する

セラミドや豊富なビタミン(B1.B2.E)が含まれているので、お肌にはとってもいいんです。これ、二の腕ブツブツ以外はツルッツルになるので普通におすすめしたい美肌方法です!

小鼻のブツブツもこれで改善しました。お風呂に入れても入浴剤代わりになります。(風呂釜が壊れないように入れすぎ注意)

二の腕ブツブツは根気よい手入れで改善していく

二の腕のブツブツはとっても目立つから早く治したくなるんですよね。私、中学生のころは塩でゴシゴシこすってなんとか落とそうとしちゃいました。

でもこれは逆効果!真っ赤になってかえって腫れてしまうので、みなさん絶対にやらないようにしてください。

でも塩で洗うことを20年以上続けてみてわかったのですが、完全には治らないけど目立たなくなってきました。

でも油断するとまた広がっちゃうので、塩で洗ってとぎ汁を塗って…と、時々めんどうにもなりますが何とか続けています。

症状がひどい場合は二の腕ブツブツ用の塗り薬で改善させるのが優先です。

塩はかなり刺激が強いので、炎症していたり切り傷があるときは使わないでくださいね。

まとめ

二の腕ブツブツの正体が大人になった今ようやくわかりました。ニキビなのかアトピーなのかわからないブツブツに悩んでいる人は、私とおなじ毛孔性苔癬かも知れませんね。

一生付き合う覚悟を持って長い目で手入れを頑張りましょう。炎症をしている場合は皮膚科で診てもらってくださいね!