田舎主婦がライターでパート代稼いでいます!

ランドセルの重さは何キロ?量ってみて感じた小学生の苦労

最近の小学生は肩こりや腰痛に悩む子が多いようで、中にはマッサージや整体などに通う子供もいるんだとか!

子供のくせに…!そう思ってしまうけど、小学生が毎日背負うランドセルの重さを測ってみると、大人も目が飛び出る重さになっているんです。小学生のランドセルの平均の重さは4.2㎏だとテレビの調査で報告されていました。

ランドセルってそんなに重かったっけ?

スポンサーリンク

教科書が昔より大きくて重い!

今期もらって来た教科書たち。

国語、算数、算数副教材、社会、理科、書写、道徳、図工、音楽に英語。

小学3年生から英語が必須科目に加わり、6年生になると本格的な英語に変わりました。私たちが中1で習う内容が1年早くなったという感じ。

どれも薄そうに見えても全部一緒に持つと…重い!なんだこの重さは!

2011年からA4サイズへと大きくなった今の子の教科書。中にはこんな飛び出ちゃうほど大きい教科書も。

ページ数も平成17年は4000未満に対して、27年はおよそ5000ページへと35%増になったんだとか…!大きい上にページ数も増やすってなかなか酷ですね。

自分の時代のころの教科書と言えば、もっと小さいサイズだったような…。こんなに大きくなった理由は「見やすく、読みやすくするため」だとか。

子供のためにやったことが、結果的に重くなってしまっているようです。正直、「えー…」としか思えないですね。

スポンサーリンク

教科書だけの重さを量ってみると…

2.7㎏という結果に。

ただ、このほかに各教科のノートや筆入れ、その日によっては国語辞典(これ最強に重いやつ!)なんかもありますよね。

スポンサーリンク

ランドセルも入れた重さは?

先ほどの教科書とプリントなんかをドサっと入れてみて量ってみます。

6年目に突入する息子のランドセル。赤い刺繍が気に入って買ったんです。毎日放り投げられている割にはきれいです。今のランドセルって丈夫ですよね。

ランドセルごと量ると、見にくいですが3.8㎏という結果になりました。平均の4.2㎏にほぼ近い数字です。

1年生のころは「こんなに重いものを背負うとは…」と心配にもなりましたが、すっかり当たり前に感じていた今日この頃(笑)

改めて持ち上げてみると、想像以上に重いです。そして、荷物はこれだけではないんですよね。

息子に「毎日このくらいの重さなの?」と聞けば、「うん」と。そうですか、そうなんですね。

スポンサーリンク

ランドセル以外に持つ荷物

(息子の学校は黄色いカバー着用が必須)

ランドセルの上に重ねるように背負うのが、体操着袋。これは月曜日と金曜日に登場します。

このほかに、学期の最初と最後に大きな荷物を持ち帰ったりします。

  • ピアニカ
  • 習字道具
  • 裁縫箱
  • 絵の具道具
  • 絵や図工で作った作品やら色々
  • 上履きや傘
  • クラブで使う道具
  • 習い事の道具

こんな感じのものが追加されていくわけです。

(余談ですが、夏休み前になると朝顔の鉢とかも持ち帰った記憶があります!でも息子の学校は、親が学校に取りに来るんですよ…!ジェネレーションギャップ!)

こちら雪国だと、冬場は重い長靴を履いて重い荷物を背負い、傘をさして歩くわけですからシンドイですよね…。(何だか急激に息子が可哀相になってきた)

放課後そのまま習い事へ行く子はその道具も追加で持って行っています。息子は週1回習字教室へ寄ることになっていますが、道具は教室に置かせてもらえるので、とても助かっています。

スポンサーリンク

ランドセルが重いために出る症状

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 反り腰など

子供だからと言っても、さすがに無理をして背負い続けていれば、何らかの症状が出てしまいます。重いものを背負うと、どうしてもお腹が出てしまい、反り腰になってしまう子も多いとか。

肩こりがひどくなったことで、頭痛にも悩まされる子供もいるようです。

 

スポンサーリンク

親としてこの事実はどう思うのか?

ランドセル=重いものというイメージしかなく、正直「仕方ない」としか思えません。

教科書が大きくなったのは可哀相だけど、自分の時代も何だかんだで色々なものを詰め込むために、毎日重かった記憶しかなく…。

重いとわかっていても、学校の持ち物に書いてあるのなら持って行くしかないですよね。必要なんでしょうから…。

うちの息子は徒歩約15分ほどの距離なのですが、大雨の日や大雪の日は見ていて切ないです。でも、ほかの子もみんな同じなので、何も言うことはできないです。

スポンサーリンク

重いランドセルへの対応は?

小学1年生からこんなに重い荷物を持たせるのは、やっぱり問題かなと改めて感じました。

テレビでの調査で、中にはなんと9㎏という重さになっている子もいました。それってすごくないですか?何でそんなに重くなったんでしょう?

毎日教科書を持ち帰らないと宿題はできない、そう先生は言うと思います。先生だし。

ただ、息子の宿題を見ていると、ほとんどがドリルかプリントなんです。教科書を開くことはたまに(これはこれで問題!?)です。

私が思うのは、図工や音楽は必要な時だけ持ち帰り、普段は置きっぱなしでもいいのでは?ということですね。実施している学校もあるかも知れないです。

ただ、先生からはこんな提案できないんだろうなと、先生の立場を考えるとそう思います。こちらから全力で「重いから何とかならない!?」と訴えるのが大事なのかな?と。

スポンサーリンク

まとめ

久々に息子のランドセルをまじまじと観察しました。こんなに重いものを背負って…頑張っているんだなと。

おやつをもう少しおまけしてあげようかな。

そして、中学生になると10㎏にもなるという噂…!子供って大変なんですね~!

ラー子でした!

スポンサーリンク
子供
プロフィール
raako

40代主婦、夫と子供と3人暮らし。
ウェブライターとして生きています。
脱縮毛矯正をして第2の人生を歩んでいます。

raakoをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
田舎主婦!