100円・子供・ライター・脱縮毛…田舎で生きのびる主婦

借金500万の返済がきついから…債務整理をした体験談。減額するのか、弁護士費用についてなど。

少し前に、奨学金の返済に苦労をしたという話をしました。その時にチラッと「借金500万円があった」と書いてしまったのですが、結構これ、でかい数字で二度見した人もいるかも…なんて思っております。

奨学金の返済ができるのか不安になっている人へ。私と妹の体験談
この春から就職する方は、長い学生生活を終えていよいよ社会人になりますね。そして、社会人になると同時に奨学金の返済...

この大きな借金はなぜそんなに膨らんだのか、どうやって返したのかを書いてみます。今悩んでいる人がいれば、何かの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

借金500万円の経緯

23歳くらいにはこの数字になっていたという恐ろしい事態。

借金500万円の中身はこんな感じです。

  • 車のローン
  • カードローン
  • 下着のローン

大部分は生活費のために借りたカードローンで、大手カードローンは各種取り揃えておりますという状態だったと思います。

クレジットカードのキャッシングもあるけど、それよりも、カードローン会社の方が多かったですね。恐ろしい。

■下着に30万円!アホな借金

あと、お恥ずかしながら30万円の下着一式を買ってしまっています。人に勧めて買ってもらえると自分にもバックが入る、いわゆるねずみ講です。

30万円の借金をし、実は30万円分のキャッシュバックも入ったのですが、そのお金は生活費に使ったので結局借金と下着は残ったまま。

若気の至りとしか言えないけど、自分で判断つかない状態だったんだなと思います。

お金に困り過ぎていると、通常の精神状態ではなくなってしまうと思います…。

■誰にも言えないから一人で必死に返済をしてきたけど限界に…!

誰にも言わず、絶対に返そうと必死だったのですが、返済額の大きさにいよいよ疲れ果てた私は母に相談をします。

給料18万円が入ったら18万円返済に充てる日々が続き、しまいには18万円では足りないので足りない分をまた借りて…自転車操業ってこのことです。

「お母さん、実は…」こんな感じ。

実は母も自己破産をしているので、この金額を見て思ったのが「娘も同じ道を辿るのか…」ということだったそう。そして自分を責めていたと思います。

私もすっかり自己破産しなきゃいけないのか…と落ち込んでいたのですが、信頼できる人に相談したところ、よい弁護士さんを紹介してもらえることになりました。

スポンサーリンク

自己破産しなくていい?債務整理で返済額が減る!?

弁護士事務所へ母と私とお世話してくれた人と向かい、私が払っていた借金全部をテーブルに並べました。あの恥ずかしい下着の借金も一緒に…。

まだ20歳過ぎの女がこんなにも借金を抱えることについてなのか、下着の借金に呆れたのかため息をつかれましたが…。

大部分を占めたカードローンの借金を見て、ここは絶対減額できるとすぐに返答してもらいました。

500万円という数字は自己破産できる金額だけど、まだ若い私なら返済した方がいい、そうおっしゃいました。

その時聞いたのが過払い金という話。

今ではCMでも流れているけど、必ず払い過ぎている部分が借金にはあるんだとか。とくにカードローンは18%という金利がかけられていて、大きな金額の利息を支払うことになります。

払っても払っても減らないのはこれが原因。

過払い金分を弁護士さんが交渉をし、その分を返済額から減らしてもらえるのが債務整理だということをこの日知りました。

1つ1つ交渉するから時間がかかるということも…私はたくさん持っていたからとっても申し訳ない気持ちになりました。でも。

少しでも返済額が減るのなら、私にも未来が開ける…。そう思ったのでお願いすることに。

■気になる弁護士費用は…?

1番私が気がかりだったのが弁護士費用。

10分相談しただけでも数万円飛ぶイメージを持っていた(そうとは限りません!)ので、ドキドキしながら事務所にいたのを覚えています。手汗もびっしょり、時計もチラチラ見たりして(笑)

厳しくも優しいおじさまという印象の弁護士さんでしたね。

そのおじさまがこう言いました。

「費用は取り戻した過払い金から賄えるよ」ということ。

つまり、私は一銭も支払わなくていい、そういうことらしい。

なんて素晴らしいことなんだ…。

そんなことなら早く言えばよかった…。

本当に心底思いました。

その場で持っていたクレジットカードやカード類を全部ハサミで切るという儀式も行い。(これは定番のようですね)

連絡が来るまで通常の生活を送っていてと告げられ家に帰ります。

帰り道がとても明るく(夕方だったけど)、生きる力がみなぎってきたのを感じていたのを覚えています。

で…債務整理で500万円がどうなったのか!?

そこから2週間か3週間近く経ったころ弁護士さんから連絡が入りまして。

スポンサーリンク

500万円を債務整理したらどうなったの??

債務整理によって借金500万円は…

450万円ほどに減額しました!

取り戻した過払い金から弁護士費用と返済に充てたらこのくらいまで減った、そういうことでした。

たった50万円?

そう思ったかも知れません。実は私もちょっとそう思いました。でもこれ、自分ではこんなに減額させることなど不可能なので、やっぱり弁護士さんはすごいな…と思いました。

債務整理をしたことでコンパクトに片づけられ、もう二度とキャッシングはしないぞと誓えたよい機会にもなりました。

■450万円をなんと立て替えてくれるという申し出を受ける

若い私が苦労をしているのを見かね、弁護士さんを紹介してくれた人が…。

なんと、450万円を立て替えてくれるというびっくりする申し出をしてくださいました。

正直、こんな若い娘に何の保証もないのにと思ったのですが、生きる気力も残っていなかった私だったので、これはありがたく受けました。

ただし2年ちょっとで返済するという条件です。

毎月18万円を口座に振り込むという約束を交わし、そこから新しい返済生活(返済地獄)が始まります。

いつまで経っても減らないカードローンの返済より、確実に減っていく返済に変わったこと。

これは私の人生を大きく左右したと思います。

本当にこの方は私にとって、わが家にとっては命の恩人です。

スポンサーリンク

450万の借金は月18万円返済、2年ちょいで完済!

長い長い返済との日々に終止符を打ったのは28歳近かったころ。18歳ごろから借金に悩み始めたので10年間苦しみました。

450万の返済は本当に地獄の日々でしたが…ちゃんと完済できました。

ATMで最後の振込をしたこの瞬間、街中を走り抜けたいような気持ちでいっぱいになったり、しばらくその場でぼんやり立ち尽くしていたと思います。

家に帰ってしみじみとビールを飲みまして。

生きててよかった…。

心底思いました。

そして、450万円という大金を支払えた自分を「すごい!」と思えるように。

逆に考えれば、2年で450万円貯めることができるのと同じことですからね!

やればできる!

そしてその後奨学金も完済。今思うと奨学金も弁護士さんに相談すればよかったんですけど…、これは何とかなるって勝手に思い込んだのか?

自分でも記憶が薄くなっているのでわからないんです。

都合がいいようなことを言ってごめんなさい。でも、苦しい時の記憶は本当にぼんやりしちゃうもの、人間うまくできていますね。

スポンサーリンク

まとめ

この世の中って簡単に借金ができる仕組みになっているんですよね。スマホを分割払いにしただけでも立派な借金です。

今回は私の体験談を載せてみましたが、私は運よく弁護士さんを紹介してもらえました。

よくあるCMの法律事務所もありますが、お住まいの地域で開かれる無料相談会を探して行かれてみては…とも思います。

実際に行ったことはないのですが、1人で悩みを抱えたまま、さらによくわからない場所へ行くことはちょっと…色々心配です。

そういう時は騙されやすい時でもあるので、信頼できる場所なのか人なのか…よく考える機会でもあると思います。

ラー子でした!

スポンサーリンク
生活
プロフィール
raako

40代主婦、夫と子供と3人暮らし。
ウェブライターとして生きています。
脱縮毛矯正をして第2の人生を歩んでいます。

raakoをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
田舎主婦!