田舎主婦がライターでパート代稼いでいます!

ステップファミリーとは?子連れ再婚の子供の気持ちはこんな感じ

最近知った言葉でステップファミリーというものがあります。

ステップ?何それ?

そう思った私ですが、その私こそステップファミリーの経験者だと知りました。

何だかカッコイイ言葉になっていますが、ステップファミリーって何でしょうか?

スポンサーリンク

ステップファミリーとは?ステップって何?

ステップファミリーと聞いて私は、ちょっぴり家族でレベルアップする何かだろうか?と思ってしまいました。

ステップ=踏み台

このイメージが強かったんですよね。でもレベルアップって何だろう。

意味を調べてみれば「子連れ再婚」のこと。

  • どちらかに子供がいる再婚
  • どちらにも子供がいる再婚

このどちらかでも該当して、たとえ子供と離れて暮らしていても再婚するとステップファミリーになるんだとか。

そう言われてみれば、レベルアップするという意味も違わないかも知れないですね。

でも、それなら日本中ステップファミリーだかけではないか、そう思いました。

日本では今3組のうち1組は離婚をして、4組に1組が再婚しているんですって。

スポンサーリンク

大人になってから母が連れ子再婚した私の場合

私の生い立ちを話しますと、高校生の時に両親が離婚。

その後入籍はしなかったものの、新たなお父さん的存在の人と一緒に暮らしていました。

でもその人は病死で亡くなってしまいます。

その後私が29歳の時に母は今のお父さんと出会い、再婚をして今に至ります。

だから私には「お父さん」という存在の人が3人います。

妹にとっては小学3年生の時に親が離婚をして学校と姓が変わったので色々大変だったと思います。

私は通っていた高校も辞めてしまい通信制高校へ転入したり、引越しも繰り返したりと目まぐるしい環境の変化の中をゆらゆらと何となく生きていました。

母から再婚すると聞いた時の気持ち

2人目のお父さん的存在の人は、私が高校生の当時からとても慕っていた存在だったし、母子家庭は心寂しかったので嬉しい気持ちの方が大きかったです。

ただ、病気を持っているし色々な事情から入籍はしないという所で…私にとっては父親ではなく、”家族のような大きな存在”というポジションに留まっていました。

この人が亡くなってから数年後は母は妹と2人で生活をし、私は離れて暮らしていました。

離れて暮らした理由は、こんな家族の借金返済のためでもあり、生活費を稼ぐためでした。

ここまでの暮らしは本当に色々ありました。

奨学金の返済ができるのか不安になっている人へ。私と妹の体験談
この春から就職する方は、長い学生生活を終えていよいよ社会人になりますね。そして、社会人になると同時に奨学金の返済...

そして妹が高校卒業後は私のマンションに居候をしながら進学をすることになり、そのタイミングで母に新しい相手がいることを遠回しに知ったんです。

ちょうど私が29歳の時に妊娠をしましたが、その時に電話で「入籍をする」と母から聞きました。

その瞬間の率直な気持ちは…「はぁ?」という。それだけ。

それは再婚する事に対してではなく、ここまで必死に生きてきた私にとって、母という存在が疎ましくて仕方がなかったからです。

新しい父を迎える時の気持ち

正直なところ、母の再婚などどうでも良かったです。

離れて暮らしているし、私はその時妊娠中だし、身動きできないし…再婚相手から養ってもらえるならもう必死に働く必要もないし…それはお金の工面をしてきた私にとっては安心材料となりました。

初めて父に対面したのは、妹が状況する時に妹と荷物を取りに里帰りをした時です。

その時は会いたくなくて仕方なかったので、荷物を運ぶのが忙しいふりをして、適当に「よろしくお願いします」だけ言って帰ってしまいました。

でも、これまでにないごく普通のおじさん、そんな感じだったので印象は決して悪くはなかったと思います。

子供同士が対面した時の気持ち

その後出産をするときも里帰り出産はしませんでした。

自分の家が好きだし、住んだことのない実家に泊まりたくない…そして驚くことに、再婚した父には私と同じ年齢の娘さんがいて妊娠中!

さらに同じ月が出産予定日と驚くことばかり。

娘さんにはお兄さんもいて、お互い2人の子供同士の再婚なので私は一気に4人兄弟になりました。

娘さんが先に出産をし、少し後に私が出産をするという不思議な出来事。

私と娘さんが対面したのは1年後のお正月。

この日に初めて4人の兄妹が揃いました。

その時の気持ちは?

大勢いたし、子供が騒ぐし、もう、どうでもいい!そんな感じです(笑)

お互いもうみんな大人だし…これが大きかったように思います。

私も大人になった?のかも知れません。

スポンサーリンク

ステップファミリーはうまくいく?

ステップファミリーっていう言葉は何だか都合良くも感じます。

連れ子再婚。

こう言うと、何だか責任重く感じませんか?

うまくいくのかどうか。

結論を言えば、そんなのサッパリわかりません!

子供の年齢によっても違う

これです。

子供がまだ幼いのか、思春期なのか大人なのか。

もうすでに独り立ちをしているなら、大人としての考えが生まれます。

もし新しい家族と上手くいかなくても1人で生きていくこともできます。

反対に、まだ物心もつかない頃なら自分の意見を言うこともなく、よく分からないうちに家族が変わった…そんな感じかなと思います。

難しいのが学校に通う子供がいる場合です。

1度離婚で大きな傷を負っているので、再婚が前向きに考えられるかどうか。

子供の不安と言えば、

  • 学校が変わるのか
  • 友達と離れてしまうのか
  • 名前が変わるのか
  • 新しい親になっていじめられないか
  • 生活が苦しくならないか

目の前にある、とても現実的な不安を抱えます。

最近では、親の姓が変わっても子供の名前は変えずに通うことができますよね。

それで上手くいくのであれば、子供はあまり反対をしないかも知れません。

できるだけ今の生活が維持できるなら…。

これが親の離婚や再婚を認める条件とも言えます。

それが叶わない場合は、親子の仲が大きく関わると思います。

再婚後に子供が増える場合

再婚だとしても、家族みんなが仲良しなら新しく子供が増えてもきっと上手くいくと思います。

でも、どうしても歯車が合わなくなる家族が多いですね。

その大きな原因は、新しく生まれる子供が1番になってしまったからです。

 

「私はいらない子供なんじゃないか…」

 

どんなに仲が良いステップファミリーだとしても、この気持ちはどんな子供でも持ったことがあるんじゃないでしょうか。

この時に再婚相手が連れ後に暴力を振るう事件がとっても多いですけど、本当に身近な問題だと思います。

心の不安を消してあげる努力がなければ…孤独感でいっぱいになってしまいます。

スポンサーリンク

子連れ再婚で絶対にしてはいけないこと

子連れ再婚でステップファミリーをする人が絶対にしてはいけないことがあります。

これは私の実体験だけではなくて、周囲のステップファミリーの人の問題を見たりして率直に思ったことです。

子供のせいにする

「あなたのせいで家族がめちゃくちゃ」

「あなたがいなければうまくいったはずなのに…」

こんな冷たい言葉を1度でも聞いた子供は、自分の親だけではなく、再婚した家族も大嫌いになります。

もともと夫婦は他人同士だし、ステップファミリーはそこに毛が生えたようなもの。

再婚を決めたのは子供じゃなくて自分です。

上手くいかなくても子供のせいにしないでください。

子供同士を比べる

お互い連れ子同士の再婚の場合、子供同士がすぐに仲がよくなるとは限りません。

合わないものはどうしても合わないし、それは仕方ないと思います。

でも、上手くいかないと子供に優劣を付けたくなってきます。

もし優等だと感じた子供の方でも、たくさん我慢をしていることが多いです。

もの凄く頑張っているのに比べられたりしたら…地獄ですね。

子供の意思を無視する

子供にとって学校や友達が人生において最大に重要なことなんです。

新しく迎える人に対して、どうしても許せない気持ちがある場合もあります。

「あの人だけは嫌。」

「あの人のために人生が変わるなんてどうしても納得できない。」

「誰にも振り回されたくない。」

こう答えているうちは強行突破してもいい結果にはなりません。

子供といかにコミュニケーションを図り、納得いくまで話せるか…これが本当に大事です。

私の経験を思い出しても、母が2番目に迎えた人はとても慕っていた人だったので納得ができました。でも3番目の人の場合はそうではなかったので、わだかまりが消えるまでとても時間が掛かりました。

自分の親とも上手く行っていないのに再婚なんてされたって…そんなところです。

スポンサーリンク

ステップファミリー:まとめ

ステップファミリーへの私の気持ちや体験談を少しお話ししました。

これが参考になるかはわかりませんが、まず再婚相手の紹介をする前に親子の気持ちの疎通はできているのかを確認してほしいです。

親子仲が悪いうちに再婚話を進めても、本当に苦労する結果しか予測できません。

結果的に、ステップファミリーのわが家はとっても上手く行っています!

ある意味、再婚で色々な問題を乗り越えてきたのでレベルアップした感じです。

子供が「早くいい人見つけてね!」と言われる間柄になっている事が1番です!

そう言われているのに迷っている人は、どんどん前へGO!ですっ。

スポンサーリンク
子供
プロフィール
raako

40代主婦、夫と子供と3人暮らし。
ウェブライターとして生きています。
脱縮毛矯正をして第2の人生を歩んでいます。

raakoをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
田舎主婦!