100円・子供・ライター・脱縮毛…田舎で生きのびる主婦

【ウェブライター主婦日記】嫌な仕事は辞めました

なんだか「ふざけんな!」って思われそうなタイトルですが、その通りなんです。

5月いっぱいは例のけなすクライアントの仕事をなんとかかんとかこなしていたのですが、今月は1つもやりませんでした。

なので、褒めてくれるクライアントさんの仕事しかしない日々が続き、心底ハッピーハッピーな毎日。私は一体何をやっているんだろう?修行がしたかったのか何なのか。

■記事単価が安くてもサクサクこなせば稼げる

けなすクライアントさんの仕事は、とにかく画像選定が時間かかって仕方がない。

その上、盛り込むキーワード数も本当に多くて、1つでも抜ていれば文章書き直しだし、とことんけなされるし。

そもそもクレジットカード系の記事は苦手なので、神経かなりすり減らしていたみたいで、とにかくストレスがすぐにMAXに達してしまっていました。

こりゃあいかん!ということで、「突然記事を書くのを辞めてはいけない」という契約もないライター業のメリットを生かし、そのまま放置しました。

何の制限もないのがライター業のいいところだけど、私のような人ばっかりだったらクライアントさんはたまったもんじゃないんだろうなあ。すいません。

で、いつも褒めてくださるクライアントさんのお仕事を頑張っています。

元の生活に戻りました。

あとは、ランサーズで単発の仕事をもらったり、「やりまーす」って言ったりして何とかかんとかやっています。

■最近一気にライターの仕事が増えた気がする

この1ヶ月くらい、依頼メールが次から次へと届くけど…ライターを雇おうと思ったアフィリエイターがドーンと増えたということなんでしょうか。

割と大きなサイトを持つ会社からも依頼が増えた気もしますが、その分記事単価が安くなって来た感覚もあります。

あんまり安請け合いしちゃうと、ほかのライターさんもそっちに流されちゃう。

ライターの皆さん!

仕事に見合う報酬はしっかりともらいましょうね!!

そこは死守だ!