100円・子供・ライター・脱縮毛…田舎で生きのびる主婦

【ウェブライター主婦日記】断る勇気も大切かも

Webライターをやっている主婦のラー子です。こんばんわ。

「主婦ライター」と名乗るより、「Webライター」の方がカッコイイかも知れません。何となく今日から「ウェブライター主婦」と名乗ってみることにします。

今現在、ランサーズで出会ったクライアントさんと、3年以上お付き合いのあるクライアントさん、時々単発で依頼をしてくれるクライアントさんのとお付き合いがあります。

色々なクライアントさんがいますけど、私としては個人で取引してくれる方の方がとてもやりやすいです。

大きなサイトのクライアントさんて、マニュアル重視でとても疲れます…。

■会話が噛み合わないから依頼を断ってしまった

先日ランサーズで気になる仕事を見つけ、こちらから提案(仕事やってみたいです、と名乗ること)をしてみました。

その日から5日が経過したころ、そのクライアントさんから質問メールが届きました。

正直、質問された内容がピンと来ず、どのような方針で仕事を進めたいのか知りたいのはこちらなのに…。と思ってしまうメールだったんです。

あまり慣れていらっしゃらない?と思うような文章の書き方だったのですが、どうも誰かの指示を受けて私とやり取りをしているような節があり…。

その後、正式なご依頼をいただいたのですが、悩んだ挙句にお断りしてしまいました。

■仕事をする前に断ることで迷惑をかけない

実際に仕事が始まってからは、クライアントさんに質問しながら仕事を進めています。でも、あまりにもピンと来ない、マニュアルを読んで「無理!」と思う、文章を書く以外の作業が多すぎる…。

そう思ったら、最近は断ったり、辞退してしまうことが多いです。

これはわがままなのでしょうかね(マンネリというか…)。

でも、無理に引き受けても、1つの記事にすっごく時間をかけてしまうことになって、効率が悪いどころか、クライアントさんにも迷惑をおかけすることに。

変に気を遣うより、自分ができる仕事をしっかり探すべきだな、なんて最近はよく思います。

マンネリ化対策にサグーワークス
というクラウドサービスにも登録してみようかと検討中。

登録するのは無料だしね。

プラチナライターテストは難しいんでしょうか?